toggle
2020-05-15

地方住み20代の貯金額の平均はいくら?【少ないのが現状】

こんにちは、アキラです。

avatar

悩む人A

地20代で地方で働いているけど、貯金できない、、、

avatar

悩む人B

地方済み20代の貯金額の平均ってどのくらいなの?自分は平均かな?

 

上記の悩みを持っている人は本記事を読むことで解決できます。

 

本記事では、地方住み20代の貯金額の平均はいくらについて解説していきたいと思います。

「このままの貯金ペースで大丈夫かな?」「新しく何か始めた方が良いのかな?」と考えている人の参考になるでしょう。

 

【記事の内容】

・地方住み20代の貯金額の平均はいくら?

・少ない給料以外の収入源が欲しい人へ!

 

【記事の信頼性】

僕自身、3年以上高卒で工場勤めをしていました。

そこから、今では脱サラして年間で1000万円以上の収入ペースとなるくらいにまで

成長することができたので、今工場勤めしている人の参考になればと思います。

 

地方住み20代の貯金額の平均はいくら?

 

【結論】20代前半の貯金額は「100万円未満」と「100万円以上〜200万円以下」が全体の半分。

貯金ゼロが単身の場合が40%ほど、既婚の場合は3組に1組いるのが現状です。

 

一般的な20代の貯金額

一般的に24歳の平均貯金額が「133万円」だと言われています。

ただ、この数値は大卒の社会人の結果ですので、

高卒の場合だったり、派遣や契約社員などの差で大きく数値も変わってくるでしょう。

 

ただ、先程はピンポイントの年齢での平均でしたが、

20代前半の貯金額となると「100万円未満」と「100万円以上〜200万円以下」が全体の半分を占めているようです。

20代後半となれば、この1.5倍〜2倍くらいは貯金してあると平均的かと思いますが、

このことからも分かる通り、多くの場合は、

貯金したくても「出来ない」というのが現状という感じですね。

 

参考サイト:chokotty

 

平均額が24歳で「133万円」と仮定して、

高卒、大卒の場合の年齢別の貯金額の目安を僕の方で勝手に作りますね。

 

高卒の場合(単身)

18歳(1年目) 15万円
19歳 30万円
20歳 45万円
21歳 65万円
22歳 90万円
23歳 115万円
24歳(7年目) 133万円
25歳 160万円
26歳 195万円
27歳 235万円
28歳 280万円
29歳 330万円

 

恐らく、これが理想的な数値かなと思います。

 

大卒の場合(単身)

20歳 /
21歳 /
22歳(1年目) 40万円
23歳 85万円
24歳(3年目) 133万円
25歳 190万円
26歳 250万円
27歳 320万円
28歳 400万円
29歳 500万円

 

恐らく、これが理想的な数値かなと思います。

地方住みなので、都会の方よりは給料も高くないですが、

大卒と高卒との差はやっぱり着くのかなと思います。

 

金融広報中央委員会の調査

『金融広報中央委員会』の調査によると、

「貯金ゼロ世帯」について、以下の結果が出たようです。

単身世帯…45.4%

既婚世帯…32.2%

 

先ほどの平均を見ると、貯金できてる人もいるんだなーと感じられますが、

実際のところ、単身の場合は約半数、既婚者は3組に1組が貯金できていないのが現状です。

結構、ヤバ目ですね。

 

毎月いくら貯金するべき?

地方に住んでいる人は実家から通える職場に勤めていることが多いと思いますが、

その場合の貯金額の理想について紹介します。

(既婚は除く)

 

高卒の毎月の貯金額について

高卒の地方住みの場合は以下のような貯金額が理想ですね。

 

18〜20歳:毎月1万〜1万5000円の貯金

21〜24歳:毎月2万〜2万5000円の貯金

25〜29歳:毎月3万円の貯金(1年ごとに+5000円)

 

実家暮らし(大卒)の毎月の貯金額について

大卒の地方住みの場合は以下のような貯金額が理想ですね。

 

22〜24歳:毎月3万〜3万5000円の貯金

25〜29歳:毎月5万円の貯金(1年ごとに+1万円)

 

実家暮らしであれば、これぐらいの貯金は余裕かもなので、

これできていない場合はちょっとやばいです。

一人暮らしの場合はギリギリできるか、少し余裕があるかのレベルかなと

 

「結婚したい!」「老後が心配。」

結婚資金に関しては人それぞれの価値観でもあるので、

どのくらい貯めた方が良いのかっていうのは一概に数字を出すことはできないですが

(多分100万〜400万くらいが目安?)

老後にかかる費用はだいたい2000万円くらいは必要だよーと言われているので、

それをしっかりと貯蓄していくことが必要です。

 

ぶっちゃけ、それを地方在住で稼ごうと思ったら

結構難しいですよね。

生涯、独身で過ごす覚悟があるなら可能かもですが、

結婚して子供を作ってとなると、ほぼほぼ無理だと思います。

 

 

僕の地方住みの友達の数名は、23歳で6年間会社に勤めていますが、

いまだに貯金は『0』円なので。(数万程度はあるかも)

 

 

ちょっとの贅沢もできないのに、

貯金ができないっていう現状はどうにか打破するべきですね。

 

この記事に訪れているあなたは、少なくとも今の貯金額に満足できていないからこそ、

『地方 貯金』というニュアンスのキーワードで検索して、

こちらの記事にたどり着いたと思います。

つまりは「少しでも多くお金を稼ぎたい!」と考えている人で間違いないでしょう。

 

そんなあなたに僕は『ネット副業』をオススメします。

 

将来のために給料以外の収入源が欲しい人へ!

【結論】ネット副業・在宅ワークをしよう

 

今は副業する時代です

スマホが普及したことで、今はすごくネットで稼ぎやすい時代になっています。

また、会社員としての給料が低すぎるし

老後2000万円問題で話題になっていたり、

働き方改革がなんだと言われたり、

終身雇用が崩壊すると言われていたり

人生100年時代で労働期間と老後の期間が同じになったり、

コロナの影響(第2のコロナもあり得る)を受けない武器を手に入れるためにも

副業することが今は推奨されています。

 

今は大手企業から副業を解禁し始めている最中だし、

国としても副業を認め始めていますので、

だからこそ、今は副業に取り組むべきなのです。

 

ネットで月5万円でもいいから稼ぎたい人へ

まずはネットでお小遣い程度でも良いから

お金を稼ぎたい人は以下の記事を参考にしてください。

 

特別なスキルや資格がなくても取り組めるジャンルを厳選しました。

副業在宅ワークでお小遣いレベルを稼ぐ方法!【月5万くらい】

 

ネットで月50万円稼いで脱サラしたい人へ

ネットだけで生計を立てられるレベルで稼位で脱サラしたい人は

以下の記事を参考にすると良いです。

 

「スキルを獲得して稼ぎたい人」「成長して稼ぎたい人」などに

オススメできるジャンルを厳選しました。

ネット副業で月50万円稼げるジャンルはどれ?【初心者でも出来る】

 

ブログで稼ぎたい人へ

上記で紹介したリンクの中でもブログで稼ぎたい人向けの記事も紹介していますが、

「絶対にブログを活用したビジネスで成功したい!」

「自分を発信できる力を身につけて稼ぎたい!」という方は、

僕のメルマガに登録していただけると、

そのための戦略やノウハウをPDFにまとめた資料をプレゼントいたします。

 

>>Life Mechanization strategy<<
〜年間300万円稼ぐブログ戦略〜を受け取る

 

僕自身も18歳の頃からブログビジネスを副業で始めて、

今では脱サラし年間1000万円ほどの売り上げを出せるペースで稼ぐことができているので、

初心者にはかなりオススメの副業かなと思っています。

 

他では聞けない情報がてんこ盛りだし、

ブログビジネスにおいて欠かせない情報を発信していく予定でもあるので、

ぜひ参考にしてくださいね!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です