toggle
2020-05-19

高卒が工場から転職するのは厳しい?【良い条件なら無理】

こんにちは、アキラです。

avatar

悩む人A

高卒で工場勤務だけど、転職って厳しいのかな?

avatar

悩む人B

高卒で工場勤務が良い職場に転職するのには何をすれば良い?

 

上記の悩みを持っている人は本記事を読むことで解決できます。

 

本記事では、高卒が工場から転職するのは厳しいのかについて解説していきたいと思います。

高卒で工場からの転職の最善策を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

【記事の内容】

・高卒が工場から転職するのは厳しい?

・高卒が工場から転職するためのオススメな行動

 

【記事の信頼性】

僕自身、3年以上高卒で工場勤めをしていました。

そこから、今では脱サラして年間で1000万円以上の収入ペースとなるくらいにまで

成長することができたので、今工場勤めしている人の参考になればと思います。

 

高卒が工場から転職するのは厳しい?

【結論】単純に同じ条件の職場に転職するのであれば余裕だけど、

今より条件の良い職場への転職は多分無理です。

スキルや資格を獲得しましょう。

 

工場勤務を辞めたい理由

あなたが工場勤務を辞めたい理由を明確にすることで、

次の転職先を探すヒントにもなります。

これは許容できる、これだけはダメだという部分を理解しておくことで

スムーズに転職活動に進むことができますよ。

 

以下の記事より、工場勤務を辞めたい理由について

僕の体験談含めてまとめたので、参考にしてください。

21歳で工場勤務(製造業)を辞めた理由6個【退職後年収5倍】

 

転職自体は簡単にできます

工場勤務だったとしても、『転職』だけが目的なのであれば

それは簡単にすることができます。

と言っても、条件はほとんど変わらないかぐらいの

職場への転職しかできないと考えた方が良いので、

「それって転職する必要ある?」と疑問が生まれますが。

 

おそらく、『転職』したいと考えている人は

「今より条件の良い職場で働きたい」

「将来性のある職場で働きたい」

と考えている場合が多いと思います。

 

しかし、単純に今から新しい職場を探そうと思っても、

あなたが理想とする職場を見つけることは困難だと言えます。

 

ちなみに、高卒工場勤務の生涯年収について

僕の体験談込みで推定を計算したので参考にしてください。

おそらく、この記事見たら「転職した」という欲求がかなり強くなると思いますよ。

高卒工場勤務の生涯年収について【低すぎて副業した】

 

条件の良い会社への転職は厳しい

あなたが高卒の工場勤務の場合、

これから条件の良い職場への転職はかなり厳しいと考えた方が良いです。

 

大事なのは事実を受け止めること。

自分自身のネガティブな要因をしっかりと理解する上で

じゃあそれを解消するためにはどうすれば良いのかを考えるのが

賢い生き方だと思います。

こういう人を僕は「頭が良い」と考えています。

 

ネガティブな原因を言い訳にして、

何も行動しないを僕は、、、まあ特に何も言いません。

 

さて以下より高卒工場勤務が条件の良い会社に転職するのが厳しい理由について

紹介していきたいと思いますので、こちらを参考にして

その理由を解消するための行動をしてくださいね。

 

スキルや資格がないから

あなたが工場勤務から転職をしたいと考えた時、

もしあなたにスキルや資格が一切ないのであれば、

今より条件の良い職場に転職することは非常に難しいです。

 

たとえ、キャリアが3〜5年以上あったところで、

毎日同じ作業をただひたすらに続けて来たことを、

経験を積み上げてきたとは言いませんので。

 

むしろ成長せずに、ダラダラ毎日を過ごしていたのと同じことなので、

今いる職場での作業を覚えたところで、

他の会社に行ったらほとんど役に立つことはないでしょう。

 

高卒だから

地方に住んでいれば、そこまで学歴差別というものは受けないと思いますが、

都内で転職活動をしようと考えたら、

『高卒』という肩書きは少しネックになると考えた方が良いです。

 

『高卒』という肩書きを帳消しにできるような

企業が求めているスキルや資格があれば、そこまで問題はありませんが、

スキルなし、資格なし、高卒は

「誰でもできるような仕事」だけを任されることが多いので、

「今より条件の良い職場で働きたい」

「将来性のある職場で働きたい」

に転職するのは非常に難しいと言えますね。

 

コミュニケーション能力がずば抜けて高い場合は

営業職を任せてもらえる可能性もありますが、

それは会社次第ですね。

 

良い経験を積んでないから

この場合の経験は『キャリア』ではなく『使える経験』の話です。

つまり、毎日誰でもできる作業をひたすらにこなしていたことを

「良い経験」を積んだとは言いません。

 

なので、

「今より条件の良い職場で働きたい」

「将来性のある職場で働きたい」

という場合、多くの人は大手企業や有名企業を思い浮かべて

転職活動するかも知れませんが、まずそこに受かることはほぼないです。

 

他の会社に行っても活用できるようなスキルを工場勤務で身につけられたのであれば、

もしかしたら、今より良い条件の会社に就職できる可能性はありますが、

そうでない場合は、無駄に工場で過ごしただけなので、

似たような条件、職種の職場しか転職できないと思いますよ。

 

高卒が工場から転職するためのオススメな行動

【結論】すぐに辞めるべきです。

もしくは工場で勤めながら、まずは資格やスキルの獲得をする!

 

もう工場を辞めてよし

すでに工場勤務を辞めたいと考えているなら、

僕は直ぐにでもやめるべきだと考えています。

 

ただ、先ほども話した通り、

あなたに何もスキルや資格ないのであれば、

辞めてから直ぐに理想とする職場に転職するというのは出来ないでしょう。

 

なので、辞めてからしばらくは資格やスキル獲得のための

勉強に時間を使うことにお勧めします。

 

もし、半年以上食べていける貯金がないのであれば、

まずは工場勤務を続けながら並行して勉強していきましょう。

 

専門学校・大学に入学する

もしあなたが将来「あの仕事につきたい!」と考えているのであれば、

今の年齢関係なく、専門学校や大学に入学することをオススメします。

今の時代、現役の年齢じゃなく入学する人も多くいますし、

新しい知識やスキルを獲得するために頑張っていることは何も恥ずかしいことではないので。

 

むしろ何もしないで、ダラダラと毎日を過ごしている人より

めちゃくちゃカッコいい行動だと思いますので、

目指しているものがあれば、その分野の学校に入学しましょう。

 

スキルや資格の獲得に時間を使う

今から転職したいと考えている人は、

誰にでもできてしまうような作業が多い工場勤務が嫌だと思いますので、

新しいスキルや資格の獲得に時間を使うと良いです。

 

実際に僕も入社して半年後にはすでに脱サラすることを考えていたので、

そのための勉強にかなり時間を使っていました。

平日は毎日3時間以上、土日は8時間以上。

 

特に、IT系のスキルや資格を獲得するのがオススメです。

例えば、以下のようなスキルがオススメ。

マーケティング/営業
コンサルティング
プロジェクトマネジメント
システム設計
ハードウェア設計/IoT も
Web開発
アプリ開発
プログラミング/デバッガ―

 

もちろん獲得するには一定数の時間が必要ですが、

今はかなり人材的にも不足しているので、

身につけてしまえば、多くの転職先を選ぶことが可能となりますよ。

→しかも給料が高い。

 

場合によってはこれらのスキルを取っても

工場勤務になるかもですが、

基本的には技術職となる場合が多いので、

頭を使わないような作業はなくなりますよ。

 

ネットで月50万円稼いで脱サラ

ネットだけで生計を立てられるレベルで稼位で脱サラしたい人は

以下の記事を参考にすると良いです。

 

スキルを獲得して稼ぎたい人や、成長して稼ぎたい人に

オススメできるジャンルを厳選したので参考にしてください。

ネット副業で月50万円稼げるジャンルはどれ?【初心者でも出来る】

 

ブログを始めて情報発信!

実際に僕は18歳の頃からブログビジネスを始めて、

今ではブログやSEOをコンサルするお仕事をして生活することができています。

年収ベースで計算すると、1000万ペースで稼ぐことができているので、

工場勤務だった頃の4倍以上の年収を稼ぐことに成功しています。

副業からも始められるので、オススメですよ。

 

特に、

「絶対にブログを活用したビジネスで成功したい!」

「自分を発信できる力を身につけて稼ぎたい!」

「特別なスキルがないけど、まずは稼ぐ力を手に入れたい!」

という方は、非常にブログがオススメだと言えます。

 

なので、上記当てはまる人は

僕のメルマガに登録していただけると、

そのための戦略やノウハウをPDFにまとめた資料をプレゼントいたします。

 

>>Life Mechanization strategy<<
〜年間300万円稼ぐブログ戦略〜を受け取る

 

他では聞けない情報がてんこ盛りだし、

ブログビジネスにおいて欠かせない情報を発信していく予定でもあるので、

ぜひ参考にしてくださいね!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です