【トレンドブログのアクセス爆発】疑問点・不明点を見極めるのがポイント!

みなさん、こんにちは!アキラです!

 

トレンドブログで爆発を起こすためには『疑問点』『不明点』を記事にすると良いっていうはある程度稼いでいる人であれば常識です。

ただ、まだ成果が出ていない人、初心者の人は理解していてもなかなか実践することが難しいのかなと。

この記事ではトレンドブログでアクセス爆発を起こすために必要な『疑問点』『不明点』を見極めるスキルを身につけてもらうべく解説させていただきます。

稼ぐ人の思考を獲得して、確実に10万、20万円とステップアップしていきましょう☆

 

 

【トレンドブログのアクセス爆発】疑問点・不明点を見極めるのがポイント!

『気になる』を見つける!

結局ネタ選びというのはどれだけユーザー視点で考えることができるかにかかっています。

ユーザーがどんなことを考えて、どんなキーワードで検索するかを常に考えてネタとキーワードを選んでいきましょう!

まず、この記事の内容は以下の記事の続きのお話となっています。

【トレンドブログのアクセス爆発】事実だけのタイトルづけはNG!

こちらの知識をつけてから読み進めていただくと、より理解が深まりますよ。

 

さて、それでは以下よりユーザーが疑問に感じやすいネタを解説していきます。

とりあえず以下で紹介するネタを書くだけでも、余裕で10万円を狙うことができるはずです。

 

イニシャルトークになっている

このネタはニュースでもテレビでもどちらでも存在するネタです。

例えばこちら。

MC「ぶっちゃけた話〜、今までに芸能人とお付き合いされたことってあります?」

女優A「ん〜。10年前くらいかな。芸能人の方とお付き合いした経験があります。名前は訳あって出せないんですが、実は俳優のDさんという方とお付き合いしていたことがありました。」

MC「Dさん?ん〜誰だろう?ひょっとして・・・」

 

このテレビネタの場合は、視聴者は

「女優Aが付き合ってた俳優Dって誰だ!」

「もしかして〇〇かな?!」

と気になる事は間違い無いです。

 

そのため、タイトルはこんな感じ。

【女優Aが10年前に交際していた俳優Dって誰?〇〇や△△の噂も!】

実際にテレビを視聴していないと書けないネタなので、ニュースネタよりはライバルは減ります。

また、こういったトークは後ほどニュースにもなるので、ニュースになる前に書くことができれば、

yahoo!ニュースに乗った時に再度アクセス爆発を起こすことができるのでオススメ!

 

テレビ番組を見るときはこういったトークにも注目していきましょう!

→特に深夜帯やネット番組だとぶっちゃけたトークが多い。

 

また、番組側の自主規制で『ピー音』が入る部分も「気になる!」が強いので狙うと良いですよ。

 

今後は未定である

例えばこういったネタが『今後は未定である』になります。

乃木坂46の絶対的エース・白石麻衣が卒業を発表した。
卒業コンサートは乃木坂46の『10thバースデーラライブ最終日』に予定している。

また、乃木坂46卒業後の活動についてはまだ発表されていない。

 

そんなに難しいこともないですね。

「まいやん卒業後は女優業に専念するのかな?」

「芸能界引退はして欲しくない!」

「この前、美容関係のお仕事に関わっていきたいって言ってたし・・・」

などの意見があることが予想されるので、これらを絡めたタイトルをつけるのがベスト!

 

また、後者の方は実際に白石麻衣さんが好きな人にしか分からない情報なので、こう言ったキーワードをタイトルに入れられるとめちゃくちゃ強いです!

【白石麻衣の卒業後は美容ブランドの立ち上げ?・・・】

という感じですね!

博打要素もありますが、こういった連想キーワードほど大きな爆発を起こしやすいので、

『今後は未定である』ネタの時はよく考えてタイトルをつけていきましょう!

 

原因や動機が不明

1月〇日午前5時ごろ、〇〇県のフランス料理店付近から出火。
強風で火が広がっており、付近の住宅や店舗な ど午後9時半現在、約140棟に延焼している。出火元は未だ明らかになっておらず、現在調査中である
 

 

僕は事件事故ネタに関してはあまりオススメしていません。

まだブログを始めて1〜2年くらいはちょこちょこ狙ったりしていたので、その時に得た知識で解説していきます。

 

これも結構わかりやすいと思いますが、ネタ元にすでに『出火元は未だ明らかになっておらず』とあるので、

そのまま『出火元 どこ』というキーワードを使うと良いです。

こういった事件事故ネタは『損害賠償金』もアクセスを集めやすいキーワードだったのでお伝えしておきます。

 

また、事件ネタの場合であれば『犯人』がいますので、これの周辺キーワードもとても検索されやすいです。

『顔画像』『名前』『犯行動機』『facebook』『高校』『損害賠償金』

などを臨機応変に使い分けていきましょう。

 

最後に:相手目線を極めたら最強

さてさてここまでご覧いただきありがとうございました。

 

ネットビジネスというのは、お客様を喜ばせることであなたにお金が入ってきます。

お客様をないがしろにし続けると、足を運んでくれなくなりますよね?

 

これと同じで、結局ネタ選びというのはどれだけユーザー視点で考えることができるかにかかっています。

ユーザーがどんなことを考えて、どんなキーワードで検索するかを常に考えてネタとキーワードを選んでいきましょう!

 

今回紹介したネタというのは、特にアクセス爆発も起きやすいと言われている『ネタの疑問点・不明点』になっています。

当然、今回紹介していないネタの中にもアクセス爆発を起こすことができるので、

今回紹介したのは新しい視点として受け取っていただければなと。

 

それでは!

 

アドセンス・楽天・ASPで収益を最大化する戦略を公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です