【トレンドブログ】Yahoo!リアルタイムでネタ選定する方法を解説!

こんにちは、アキラです。

悩める人
「トレンドブログでアクセス爆発を全く起こすことができない・・・」
悩める人
「Yahoo!リアルタイムからネタを探す方法を詳しく知りたい!」

上記の悩みを持っている人は本記事を読むことで解決できます。

 

トレンドブログを長期間継続していても、

全くアクセスを集めることができずにくすぶっている人は多いです。

なので、今回の記事ではトレンドブログのネタ選定に欠かせない

『Yahoo!リアルタイムでネタを探す方法』

について具体的に解説したいと思います。

ネタ元の中でも屈指の活躍をしてくれるツールですので、

ぜひ活用してください。

 

【記事の内容】

・【トレンドブログ】Yahoo!リアルタイムでネタ選定する方法を解説!

 

【記事の信頼性】

僕はトレンドブログ歴5年目で毎月10万〜30万円稼いでいたり、

コンサル性も数名もち、多くの実績者を輩出してきました。(サイドバー参照)

その方法を具体的に解説しているため、

トレンドブログでアクセス爆発を起こしていない人にはかなり有益な記事となっているでしょう。

 

【トレンドブログ】Yahoo!リアルタイムでネタ選定する方法を解説!

【結論】狙うべきトレンドワード

・急上昇しているキーワードを狙う!『↑

・「人物名」が狙い目

・「噂」が狙い目

 

狙うべきではないトレンドワード

・新鮮さが失われているキーワード『

・ドラマ・番組→有名人

・施設名・場所名

・ゲーム・ゲームキャラクター

 

ネタ選定の基本的な考え方を知ろう!

以前投稿した

「トレンドブログでスマホからのネタ探し方法を解説【常にアンテナを張る】」

という記事でも同じことをお伝えしていますが、

この記事に訪れたのが初めて!という人のために、

もう一度同じ内容を書かせていただきますね。

 

==ここから========

基本的にアクセスを集めるネタというのは、

『昨日までは無名だったけど、今日有名になった人・物・事』

です。

 

もしかしたら、これを理解できていない人がいるかもしれないので、リピートアフタミー。

『昨日までは無名だったけど、今日有名になった人・物・事』

これをしっかりと意識してネタを選んでいきましょう!

 

また、ニュースサイトからのネタ選定の流れは以下の通りです。

1ニュースサイトを見る。

2めぼしい記事を見つける。

3記事内容を読む←重要!!

4「気になる!」を探す。

無かったらまた1もしくは2に戻る。

==ここまで========

 

スマホからのネタ選定方法は以下の記事でまとめています。

トレンドブログでスマホからのネタ探し方法を解説【常にアンテナを張る】

 

Yahoo!リアルタイムをインストール

Yahoo!リアルタイムは『スマホ』アプリにございますので、

まずはインストールしておきましょう。

Android版:Yahoo!リアルタイム

iPhone版:Yahoo!リアルタイム

PC版:Yahoo!リアルタイム

 

Yahoo!リアルタイムでネタ選定する方法

アプリ開いてもらうと、いろいろな画面を表示させることができますが、

基本的には『世の中のトレンド』からネタを拾って行きます。

 

ランキング100位までを見ることが可能なので、

多彩なネタを拾うことが可能ですね。

 

以下より、狙い方を解説して行きます。

 

急上昇しているキーワードを狙おう

で、注目して欲しいのは

』と『』です。

 

』が話題になったばかりで、

その話題性が急上昇しているキーワードで、

 

』は話題になっていたけど、

すでに新鮮さが薄れて、

徐々に話題性が失われているキーワードです。

 

なので、狙うのは『』のみとしましょう。

 

またランキング下位で『』がついているものは

今後さらに伸びる可能性もあるので、

積極的に狙っていけると良いですね。

 

人物名が狙い目

Yahoo!リアルタイムからのネタ選定で特に狙い目なのが

「人物ネタ」であることが多いです。

 

ニュースサイトでは取り上げられないけど、

Twitterで瞬間的につぶやかれたり、

Yahoo!検索されたりなどすることも多々あるため、

意外と穴場になりやすいですね。

 

特に政治家の名前や、ローカルで活躍された人の名前などが

トレンドに載った時はかなり狙い目ですね。

→ライバル少なくなりやすいです。

 

「噂」が狙い目

事実ではない噂がよくトレンド入りすることがありますが、

これはかなり狙い目ですね。

 

例えば、この記事を書いている時点では

コロナウイルスの影響で様々な噂が飛び交っているのですが、

直近でトレンドに上がっていたのは以下のキーワードです。

 

「1万2千円給付」

「年収300万円以下」
→給付金を受け取れる対象者

「オリンピック延期」

 

などのキーワードが浮上していましたが、

当時の時点では、まだ「噂」の段階でした。

 

結局、オリンピックは延期となっていましたが、

そうなる前に

「オリンピック延期 祝日 どうなる」

「オリンピック延期 開催日 いつ」

などで記事を書いていた人は、

かなりのアクセスを集めることができていましたね。

 

コロナウイルスに限らず、

他にも「噂」がトレンド入りするってことは

多々ありますので、注目しておいてください。

 

Yahoo!リアルタイムで選ぶべきではないネタ

次に、Yahoo!リアルタイムに表示されていて

選ぶべきではないアクセスを集めにくいネタを紹介します。

 

新鮮さが失われたネタ

先ほども軽く触れていましたが、

』とついているキーワードは狙うべきではありません。

 

一定数の検索需要があるかもしれませんが、

ライバルも出きっているため、

瞬間的なアクセスは期待することができないですね。

 

ドラマ・番組→有名人

ドラマや番組が話題になって

有名人の名前がトレンドに上がることもありますが、

基本的には狙えるポイントはありません。

 

というのも

「ドラマAに出ている〇〇がかっこよすぎる!」

「番組Aに出ている〇〇ちゃんが可愛い!」

みたいなことで話題になっていることが多いので、

当然、狙えないですよね。どうでも良いです。

 

もちろん、狙えるパターンもいくつかありませすが、

基本的にはスルーしてもらっても良いですね。

 

施設名・場所名

施設や場所などがトレンドに上がることもありますが、

基本的には「事件・事故」が絡んでいることが多いので、

狙う必要はないかなと。

 

僕は「事件・事故」ネタは基本的にはスルーしているので

(Google的に評価が低くなるから)

これらは狙わないようにしています。

 

ゲーム

ゲームやゲームキャラクターがトレンドに上がることが非常に多いです。

これはガチャの限定キャラとかが何らかの形で

バズっているだけなので、スルーでOKです。

 

ゲーム名やゲームキャラクター名を

メインキーワードにして記事を書く必要はありませんね。

アクセス来ないです。

 

まとめ:【トレンドブログ】Yahoo!リアルタイムでネタ選定!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

以下より、本記事をまとめさせていただきます。

 

 

【結論】狙うべきトレンドワード

・急上昇しているキーワードを狙う!『↑

・「人物名」が狙い目

・「噂」が狙い目

 

狙うべきではないトレンドワード

・新鮮さが失われているキーワード『

・ドラマ・番組→有名人

・施設名・場所名

・ゲーム・ゲームキャラクター

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

アドセンス・楽天・ASPで収益を最大化する戦略を公開!