クラウドワークスの仕事依頼でのタスク形式の使い方【ブログと相性抜群】

こんにちは、アキラです。

悩める人
「クラウドワークスのタスク形式って何?」
悩める人
「クラウドワークスのタスク形式での依頼が便利らしいけど使い方わかんない」

上記の悩みを持っている人は解決できます。

 

この記事ではクラウドワークスのタスク形式での依頼の使い方について解説していきます。

お仕事の依頼でタスク形式での依頼はかなり便利なのでぜひ有効活用してブログ記事に取り入れましょう。

この記事を読めばタスク形式での依頼の使い方を理解することができます。

 

【記事の内容】

・クラウドワークスの仕事依頼でのタスク形式の使い方

・タスク依頼をする方法

 

【記事の信頼性】僕はブログ歴5年で、外注も3年以上はさせていただいています。

外注の記事から大量のアクセス集めた実績もあります。

 

クラウドワークスでタスク形式での依頼の使い方

【結論】ユーザーのリアルな声をもらいましょう

 

タスク形式での依頼とは?

クラウドワークスの”タスク”での依頼はかなり便利です。

タスクというのはアンケート形式のお仕事みたいなもので

応募・契約なしで、多くの人から作業を集めることができる機能です。

 

『ライティング・記事作成』『簡単作業・事務』のお仕事を依頼する時にのみ

タスクでの依頼を選択することができます。

 

基本的には自分でかくブログ記事のプラスアルファとして使うことが多いです。

 

タスク形式での依頼を使うタイミング

タスク依頼は応募・契約がないため

1記事納品してもらいたいとか、画像を作ってもらうとか

デザインを修正して欲しいとか、システムを作って欲しいとかなどの

具体的な作業をお願いすることはできません。

 

タスク依頼を使うのもにも

タイミングがあるので以下より解説して行きます。

 

感想や意見をもらいたい時

自分が知らない商品を使った際の感想や意見

自分が見ていない作品(ドラマとかアニメなど)の感想など

『ユーザーの声』が欲しい時にタスク機能はよく使われています。

 

その感想や意見をあなたの記事に追加する事で

より濃くクオリティの高い記事が完成します。

 

個人的にタスク機能を使うタイミングとしては

感想や意見が欲しい時がほとんどですね。

 

アンケートに答えてもらいたい時

ブログ記事内にジャンルにもよりますが

アンケート結果がまとめられている記事は

かなりGoogleからの評価は高くなりやすくなります。

 

例えば、副業に関する記事を書きたいなら

「副業への興味・関心に関するアンケートのご回答をお願いします。」

というアンケートで以下の項目をお願いします。

・性別を教えてください

・年齢を教えてください

・どんな副業をされていますか?

・副業をしようと思った理由を教えてください

 

あとはこれらの回答をまとめた表を作って

以下のようにあなたなりの考察を書くという感じにするとかなり良いですね。

「副業への興味関心があるのは20代の男性に多くブログアフィリエイトに興味があるようですね。きっかけとしてはYouTubeで発信している人を見て・・・。」

 

ブログ記事内にこういったオリジナルの情報があると

Google的にもかなり高評価となりますよ。

 

以上が基本的なクラウドワークスでのタスク依頼を使う場面となります。

以下よりタスクでの依頼方法を解説して行きます。

 

クラウドワークスでタスク形式での依頼をする方法

タスク形式での依頼が必要かどうか判断しよう

まずあなたのブログ記事にタスク依頼が必要かどうかを確認してください。

僕が必要だと思う場合は以下の状況だと考えています。

 

・ユーザーのリアルな声(体験)が欲しい時

・知らない作品や商品の感想が欲しい時

・自分以外の感想が欲しい時

・統計を取りたい時

 

 

また以下の状況の時は不要だと考えています。

・ブログレベルがかなり弱い時(1日500PV未満)

 

これを参考に以下で解説するやり方でタスク作業の依頼を行なってください。

 

新しい仕事を依頼

クラウドワークスにログインしましょう。

 

■画面左上にある『新しい仕事を依頼』をクリックしましょう。

ステップ1『新しい仕事を依頼』にて『ライティング・記事作成』もしくは『簡単作業・事務』を選択。

サブカテゴリはお仕事内容にあった項目を選びましょう。

 

 

■ステップ2:『タスク形式』を選択します。

 

■ステップ3:『依頼タイトル』および『依頼詳細』を入力します。

簡単なテンプレートが表示されるので、そちらを参考に依頼詳細を入力されると良いです。

 

 

■ステップ4:作業単価を入力します。

タスク形式での依頼の場合はかなり格安でお仕事を依頼することが可能です。

最低1つの作業が『5円』となりますが、

簡単なアンケートなどの場合は5円での依頼でも普通にお仕事してもらえます。

 

 

単価参考

ドラマやアニメの感想など400文字で20円〜30円

簡単なチェックアンケート(5~10項目くらい)で5円〜10円

だいたい100文字あたり10円と考えても良いかもです。

 

 

 

【注意】

最低300円でのお仕事の掲載となります。

10円の作業×30件や7円の作業×60件など合計が300円以上でなければ掲載することができません。

また10円の作業で15件しかお仕事してもらえなかった場合でも、

150円のお支払いではなく掲載時に支払った300円が

そのままクラウドワークス側に支払われます。

 

しかし、10円の作業×40件=400円をクラウドワークスに支払って

35件しか作業されなかった場合は、

すでに300円分以上のお仕事はされているので

余った50円はあなたに引き落とされますのでご安心ください。

 

最低300円はお仕事してもらえないとあなたが損をするし

300円以上お仕事してもらえればクラウドワークスにお金を支払うことはありません。

(手数料はあります。)

 

 

■ステップ5の期限は任意でOKです。

ステップ6の『どのくらい依頼を目立たせますか?』は基本的には使わなくてOKですね。

 

『確認画面に進む』をクリックしてお仕事を掲載しましょう。

 

以上でタスク形式でのお仕事の依頼は完了です。

あとは作業されるのを待ちましょう。

 

作業されたタスクは求めている内容が納品されていた場合はきちんと『承認』し

求めているのとは違った場合は『非承認』をおしてください。

あまりにもひどい場合を除き、基本的には『承認』でOKだと思います。

 

まとめ:タスク形式はかなり便利!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

タスク形式でのお仕事の依頼はあなたのブログ記事のクオリティもアップしやすいし

格安でお仕事も依頼できるのでかなり便利です。

外注さんは工夫をすればかなり安くお仕事を依頼することが可能ですので、

予算に余裕がない方はまずはタスク形式でのお仕事の依頼をされると良いですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

アドセンス・楽天・ASPで収益を最大化する戦略を公開!