ブログにTwitterやInstagramを埋め込む時に許可は必要?著作権はどうなる?

みなさん、こんにちは!アキラです!

過去に、ブログにSNSの投稿を埋め込む方法を解説してきましたが、

それらの投稿をブログに埋め込むことに対してユーザーに対して許可が必要なのか、

著作権の扱いはどうなっているのか気になる人も多いでしょう。

今回の記事ではそれらについてのことを具体的に解説していきたいと思いますので、

今後のブログ運営に役立てていただければなと思います。

 

ブログにTwitterやInstagramを埋め込む時に許可は必要?著作権はどうなる?

 

最初に結論:引用扱いで埋め込むことになるので著作権がどうとかはない。また許可は必要ありません。しかしスクショはダメ絶対

 

Twitterの埋め込みに対する回答

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。ユーザーは、このライセンスには、Twitterが、コンテンツ利用に関する当社の条件に従うことを前提に、本サービスを提供、宣伝および向上させるための権利ならびに本サービスに対しまたは本サービスを介して送信されたコンテンツを他の媒体やサービスで配給、放送、配信、プロモーションまたは公表することを目的として、その他の企業、組織または個人に提供する権利が含まれていることに同意するものとします。ユーザーが本サービスを介して送信、投稿、送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業、組織もしくは個人は、ユーザーに報酬を支払うことなく、当該コンテンツを上記のように追加的に使用できます。

 

こういった規約をしっかりと見る人って多くはないと思いますし、

僕自身も読むことが少ないタイプなのですが、自分が使う媒体のものはしっかりと目を通しておいた方が良いです。

あとあと面倒なごとに巻き込まれないように。

で、今回の引用文についてまとめると以下のような感じ。

 

Twitterに投稿したコンテンツの使用ライセンスはTwitter側が有する

ツイートであれ、メディアであれ、動画コンテンツであれ、

Twitter内に投稿したコンテンツ全ての利用ライセンスは『Twitter』に権利が有するそうです。

「お前のものは俺のもの」に近いニュアンスなのかなと。→ちょっと違う

 

Twitterにあるコンテンツは、企業も個人も自由に使える

全てのコンテンツの使用ライセンスをTwitter側が有しているということで、

Twitter側が「コンテンツ利用の条件」にさえ従っていれば、

自身の媒体などで活用してもらっても構わないとしています。

 

Twitterのコンテンツを使っても投稿者にお金を払う必要はない

また、Twitter内にあるコンテンツの使用に対して金銭のやり取りは必要ないとのこと。

基本的にはそのツイートをそのままブログに埋め込む形であれば、

お金が発生することはないということなので安心ですね。

 

Twitterのツイートの埋め込みに許可は必要ない

つまり、Twitterのツイートの埋め込みに関しては

コンテンツ利用の条件に則っていれさえすれば

著作権的に基本は問題ないですし、許可を取る必要はないということですね。

安心してブログにツイートを埋め込んでください。

 

Twitter側に著作権が譲渡されるわけではない

ただ、投稿したツイートの著作権がTwitter側に譲渡されるというわけではありません。

ツイートやアカウントが削除されれば、ブログ内からもそのツイートは消えることからも明らかです。

 

スクショはダメ

Twitter上の操作でツイートを埋め込むこと自体は問題はありませんが、

そのツイートを『スクショ』して自身の媒体などで配信してしまうことに関してはOKとはしていないようです。

 

なので、スクショしてユーザー側から申し立てがあったとしても、

スクショして配信した側に非が発生してしまうので注意しましょう。

利用規約に則り正しく、ツイートを埋め込んでくださいね。

 

 

Instagramの埋め込みに対する回答

弊社が利用者のコンテンツの権利の帰属を主張することはありませんが、利用者はコンテンツを使用するためのライセンスを弊社に付与します。 利用者がそのコンテンツについて保有する権利に変動が生じることはありません。弊社は、利用者がサービス上で、またはサービスを通じて投稿するいかなる利用者のコンテンツについても、その権利の帰属を主張しません。 ただし、利用者がサービス上で、またはサービスに関連して、知的財産権の対象となっているコンテンツ(写真や動画など)をシェア、投稿またはアップロードする場合、利用者は、弊社が(利用者のプライバシー設定およびアプリ設定に沿って)利用者のコンテンツをホスト、使用、配信、変更、運営、複製、公演、公開あるいは翻訳し、また派生作品を作成する非独占的、使用料なしの、譲渡可能、サブライセンス可能な全世界を対象としたライセンスを付与するものとします。このライセンス付与は、利用者がコンテンツやアカウントを削除することにより、いつでも終了させることができます。ただし、利用者が他の人にシェアしたコンテンツであっても、その人が削除していないものについては、継続して表示されます。弊社が利用者の情報をどのように使用するのか、また利用者がご自身のコンテンツをどのように管理または削除できるのかについて、詳しくはデータに関するポリシーをご覧になるか、Instagramヘルプセンターにご相談ください。

 

Instagramに投稿したコンテンツの使用ライセンスはInstagram側の権利になる

Twitterと同様に、Instagram内に投稿されたコンテンツの仕様ライセンスはInstagram側に有される事になります。

そして使用ライセンスがInstagram側になったということは、

Instagram側が提示した条件にさえ則っていれば投稿の埋め込みが可能となります。

 

Instagramの埋め込みは許可は必要ない

Instagramの投稿をブログに埋め込む際に、投稿者への許可は必要ありません。

基本的には『埋め込み』という操作ができる投稿に関しては許可を取る必要はないでしょう。

※『埋め込み』が表示されない場合は、投稿者側が許可していないので勝手に転載するということはないように。

スクショも同様にアウトです。

 

著作権がInstagram側に譲渡されたわけではない

ただ、投稿したコンテンツの著作権がInstagram側に譲渡されるというわけではありません。

投稿やアカウントが削除されれば、ブログ内からもその投稿は消えることからも明らかです。

またInstagram側へのライセンス付与に関しても、投稿を削除することで失われるそうなので、

基本的な『投稿』に関する使用権利は投稿者側にあるようです。

 

当然、スクショはダメ

投稿をスクショしてブログ内に貼り付けるという行為は、

『引用』扱いではないため、無断転載となります。

そのため、この場合に投稿者からの申し立てがあった場合はすぐさま要求を飲むべきです。

ほとんどの場合は転載部分の削除で終わるとは思いますが、

それ以上の要求もされる可能性もありますので、その場合はどうにかその要求に応えるか、

もしくは弁護士に相談するかした方が良いですね。

なので、無断転載だけはしないようにしましょう。

 

アドセンス・楽天・ASPで収益を最大化する戦略を公開!