アドセンスブログの動画や画像の著作権とNGワードやNG画像の具体例

アキラのメルマガに登録!

*お名前(姓)
*メールアドレス

こんにちは、アキラです。

 

アドセンスブログを実践しているほとんどの人は、記事内に画像や動画を挿入しています。

けれど、気になるのは「著作権問題」です。

人の物を、人の写真を勝手に記事に掲載するのはいかがなものなのでしょうか?

今回の記事では、「アドセンスブログの動画や画像の著作権」についてご紹介します。

さらに、NGキーワードとNG画像についても紹介していきますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

アドセンスブログの動画や画像の著作権について

殆どの実践者が記事中に画像を挿入していますが、ぶっちゃけて言えば、画像の使用は「グレー」です。

黒でも白でもない、曖昧な境界に「画像と動画の著作権」は滞在しています。

 

僕自身も、ネット上から画像を拾って記事中に挿入しているのですが、これが明らかに「白」であると断言することは出来ません。

けれど、明らかに「黒」であるとも言うことは出来ないのです。

そもそもな話、著作権としては勝手に画像を使用しているということは問題に当たります。

 

ですが、画像を勝手に使われたからといって著者がいちいち注意するのも面倒くさいだろうし、取り締まることもないはずです。

なので、ネット上の著作権が罰則化されることは今後も無いものだと考えてもらって構いません。(100%だとは言い切れません)

 

「グレー」な範囲であるため、著作権で逮捕されるなんてことにならないはずなのですが、

例えば、芸能人の画像を添えて「誹謗中傷」的な発言を述べている場合は危険です。

芸能事務所から通達がある可能性があり、それを無視していたら罰せられる可能性もあります。

ですが、逆に芸能人の画像を添えて好意的な言葉を並べているのなら、芸能事務所としても「宣伝」と捉えることも出来るので、暗黙の了解的に見逃してもらえます。

 

画像を貼らなければ良いのでは?

そもそもな話、記事に画像を使用しなければこのような多少な危険にさらされる心配はありません。

ですが、アドセンスブログを実践していると芸能人についての記事が多くを占めるようになり、その分芸能人の画像を使う機会が増えてきます。

記事中に画像がないと華やかさが無く感じられるので、やはり画像は挿入したいと思ってしまいます。

 

現に、私もアドセンスブログには画像を頻繁に使用しています。

画像を頻繁に(ほぼ全記事)使用していますが、いまだに手動ペナルティを受けたことがありません。

何故、画像を頻繁に使用しているのに手動ペナルティを受けないのか?

 

これは、先ほども記述したとおり、芸能人の画像を使用しても「誹謗中傷」と受け取れるような文言を記事に記してはいないからです。

すべての記事で、芸能人について「良く」書いているので、芸能事務所の人やGoogle側の人が見たとしても、著作権で文句を言われてしまうことはないです。

 

著作権と言うのは、「相手の不利益になる事」を綴らなければ取り締まることはないので、

「相手の利益になる事」を意識していれば何の問題もないです。

 

稼ぐことを意識するのであれば、画像を貼ることで訪問者の滞在時間が増えたりPV数が増えたりして報酬にも直結するので、

多少のリスクを背負ったとしても、やはり画像や動画は頻繁に使用していくべきです。

リスクを背負いたくないけど画像や動画を使用したい人は、フリー画像を使ったり、公式動画だけを利用していきましょう。

 

NGキーワードとNG画像について

 

アドセンスブログ実践者が最も気をつけて置かなければいけないのは、

「アドセンス違反」と「Google手動ペナルティ」です。

今回の記事では、「アドセンスブログで使用してはいけないNGワードとNG画像」をご紹介します。

動画講義でも詳しくご紹介しているので是非ご覧になってください。

Googleの広告を利用している以上、僕たちはGoogleの機嫌を取り続けなればいけません…

 

NGキーワード

「このキーワードを絶対に使用してはいけない」というキーワードもあれば、前後の文脈から統合的に見て、NGとされるキーワードがあったりします。

主な判断材料としては「Googleの予測キーワード」を参考にすると良いです。

「Googleの予測キーワード」に表示されないキーワードは危険だということを覚えておいてください。

具体例を挙げるとすれば、

 

他にも、NGとされるキーワードはありますが、先ほど記述したとおり、

「Googleの予測キーワード」に表示されないキーワードは使わないようにしましょう。

NGとされるキーワードを使用し、わざわざ茨の道を進む必要はないので、少しでも危険だと感じたらそのキーワードは使用せずに、安全なキーワードだけで記事を書いていくようにしましょう。

 

NG画像

トレンドブログを実践する上で、気をつけなければいけないのはキーワードだけではありません。

キーワード以外にも、画像使用を気をつけなければいけません。

 

アダルト

アダルト関係は当然ですがNGです。

アドセンスはアダルト関係に非常に厳しいので絶対に使わないようにしましょう。

 

露出の多い画像

アダルトとは少し違いますが、露出の多い画像もNGとされています。

これは男女問いません。

「バスト 水着 腹筋」などのキーワードで記事を書いて、露出の多い画像を挿入している人を多く見かけますが、非常に危険です。

女性だけはダメだと分かっているのですが、男性の裸体画像なら大丈夫だろうと勘違いしている人も多いので気をつけましょう。

 

ディズニー

案外、知らない人が多いのですが、ディズニー関連の画像を使用するのもNGです。

ディズニーは著作権があり得ないほど厳しいので、知らずにミッキーの画像やアナ雪の画像を挿入していたら、夢の国から制裁を食らいます。

「夢の国」から、一気に「悪夢の国」に落とされ、どん底に陥らないためにもディズニーに手を出すのは絶対にやめましょう。

 

まとめ

「アドセンス違反」と「Google手動ペナルティ」にならないために順守する事でよく言われるのは

「子供に見せても問題のないコンテンツ」です。

 

だからこそアダルト関係や反社会的なコンテンツはNGとされています。

なので、少しでも危険だなと感じた場合は潔く別のキーワードを入れるようにしましょう。

わざわざ危険を犯してまで記事にNGワードやNG画像を入れる必要はありませんし。

 

NGワードとNG画像に、絶対的なものはありませんが、

それでも僕達が「アドセンス違反」と「Google手動ペナルティ」に合わないためには、

出来る限り、境界線に近づき過ぎないようにする他無いのです。

アドセンスの規約は相当厳しいので、記事を書く際には細心の注意を払って、より良い記事を作成していきましょう。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

アキラのメルマガに登録!

*お名前(姓)
*メールアドレス