手取り23万円がトレンドになった理由とは!貯金ってできないの?

みなさん、こんにちは〜。

ツイッターを見てたら、なぜか『手取り23万円』というキーワードがトレンド入りしていました。

面白い話題だな〜と思ったので、今回の記事では手取り23万円について少し考えてみようかなと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね〜。

 

手取り23万円がトレンド入りしていた理由!

まず、どうして『手取り23万円』がトレンド入りしていたのかと言うと、

こんなニュースがあったからです。

会社員時代の僕だったら大激怒ですよ笑

「めっちゃもらってますやん!」

ってね。

 

で、トレンド入りしていたのもだいたいがこんな理由だと思います。

ツイッターのつぶやきを見ても、

「手取り23万とか金持ちじゃん」

「手取り23万もらえる仕事とか、むしろ教えて欲しい」

「そうか、東京だと手取り23万って少ないのか・・・」

と、こんな感じのツイートが多かったですね。

 

僕自身、サラリーマン時代はド田舎で働いていた頃は毎月手取り12万円ほどだったので23万円とかめちゃくちゃ多いなと思っちゃいます。正直、手取り12万だと、車代とか諸々とかで全く貯金出来ませんでしたね。

→ちなみにとある理由で借金の返済もあったので、毎月の給料日前は通帳に3桁ほどしか記帳されませんでした笑

 

「多いじゃん!」っていう意見の他にも、このニュースを受け取る側によって意見が大きく変わっていたりしますが、
見ていて納得するものが多いです。

個人個人、別々の会社で働き、別々の給料をもらっているので当たり前といえば当たり前ですが。。。

 

自分の仕事に誇りを持っているなら文句は言わない方が良い

正直な僕の意見を言わせてもらうと、自分でその職場を選んで給料をもらっているなら文句は言って欲しくないですね。

だって、自分で選んだ職場なんですから。

もちろん就活に失敗して妥協でその職場に行ったのだとしても、それは能力不足もしくは努力不足です。

 

僕自身、入社した当初から借金の返済込みで手取り12万円の生活をしていましたが、手取りが低いこと、生活が不安定ということは誰一人にも文句を言わずに生きてきました。→自分で言うのもなんですが、こういう自分が誇りです笑

苦しいことが分かっていたし、こんなに苦しいのは自分の能力不足だと言うことと学生時代の努力不足だと知っていたので、
僕は、会社に入って半年後くらいから自分で稼ぐ力を身につけるためにネット副業を始めました。

『アフィリエイト』っていうやつですね。

 

最初の1年こそ結果に伴わなかったですが、寝る時間も削って、遊ぶ時間も削って、とにかく頑張りまくったら月に20万〜30万以上をブログで稼ぐことができるようになりました。→このブログではないですが。

おかげさまで給料とプラスすると毎月の収入が30万〜40万円ですね。

僕の分身が2人いるみたいな感じ。

 

アフィリエイトを始めた頃は、「ブログで10万以上稼いだらどうなるんだろう?」とずっと思っていましたが、
実際に稼いでから思うことは「幸せだな」。ただこれだけです。

借金も綺麗に完済し今では、会社を辞めてこのスキルを活かした別の仕事にもチャレンジして楽しく自由な生活を送ることができています。

僕は一貫して、手取り12万円だったサラリーマン時代も、その10倍以上の月収となった今の自分の仕事にも誇りを持つことができています。

それは、自分が選んだ仕事だから。

 

老後2000万円問題

今回トレンドになったケースであれば、33歳の手取り23万円毎月の貯金4万円だと、
この時点で貯金が0円の場合、老後までに貯めることができるのは1500万円ほどです。

金融庁が老後は2000万円必要だよ〜と言っていましたが、なるほど、足りないですね。

まあ、これから仕事を頑張って役職についたり、残業をたくさんすれば2000万円を貯めることができるのかもしれませんが、それ以下の手取りの人だと、だいぶ厳しそう。

なのに、国からお金をくれないどころか、むしろ税金で貪るというのは酷な話ですね。

まあ、今更この辺に文句を言っても仕方ないことですが。

どうせ、文句を垂れ続けてても、何も変わらないですし。

 

だったら、自分が変わった方が楽ですよね。

僕も自分の行動を変えてみたら、『楽』になったし『楽しく』もなりましたし。

知り合いの経営者を見ても老後2000万円問題に関しては、「ふ〜ん」程度で大して気にしていないので、僕も気にせずに生きていけるくらいもっと稼ごうって思います。

それでは〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です