トレンドアフィリエイトで知らない情報を記事にしても良いのか?

アキラのメルマガに登録!

*お名前(姓)
*メールアドレス

こんにちは、アキラです。

 

トレンドブログを実践していると様々なジャンルがあることが分かります。

ですが分かるだけで自分が得意な分野、好きな分野以外は記事として書こうとはなかなか思えません。

今回の記事では、「トレンドブログで自分が知らない情報を記事にしてよいのか?」についてご紹介します。

 

トレンドブログは、流行を追いかける

トレンドブログとはつまり、流行や旬、最新のネタを記事にしていくブログです。

流行のネタや旬のネタ、最新のネタは毎日出てくるので、その中から「これならアクセスを集める事ができる!」というものを選んで記事にします。

 

ですがトレンドブログ実践者が記事にしようと思うネタは

『自分の得意・好きな分野だから』

というのが多く挙げられます。

知らないこと、興味が無いことをなかなか記事にしようとは思うことが出来ません。

 

知らない情報でも、苦手な分野でも記事にしてみる

得意な・好きな分野の旬なネタが報道されたら、自分も少し楽しくなっちゃって記事を悠々と書けるのですが、

アクセスを集められそうと思ったネタでも苦手な分野だった場合、面倒くさくて記事にするのが躊躇われてしまいますよね。

ですが、これは非常にもったいないことです。

苦手な分野だったり、自分が何も知らない分野だったりしても、それにアクセスの集まる可能性を見出すことが出来ているのなら絶対に書いてみるべきなのです。

たとえ詳しくなかったとしても、調べて記事を書くことが出来ますし、

興味がなかったとしても、書いている内に関心を持つことがあるかもしれません。

 

それに苦手な分野、知らない情報が多すぎる分野を書くことによるメリットも確かにあります。

・「何故?」が増えて、より一層読者の気持ちが分かる

・視野を広げることが出来る

この2つが、僕の考える知らない情報、興味のない情報を記事にするメリットです。

苦手な分野や、知らない情報を記事にする場合、当然のように「知らない」事ばかりです。

すると、そこには多くの疑問が浮かんできます。

その疑問は、等しくその分野に疎い人、その分野を知らない人も感じている疑問なので大いに記事にする価値があります。

さらに、視野を一段と広げることが出来まので、一つの分野の「苦手」を克服もしくは、上手く立ち回っていけるようになれば、

ネタ選びの際の視点も増えて、より一層ネタに困らなくなりますよ。

 

まとめ

こういった点を踏まえても、明らかに苦手な分野や知らない情報が多い分野を記事にするべきですね。

結局は、アクセスの集まりそうなネタを見つけたら、どんな分野でも書いてみるべきということです。

書けば書くほど、「何故?」を追い求めることによって発想力が高まって、視野も広がり、いろいろなところにネタ探しのアンテナを張ることが出来ます。

なので、どんなネタでも書いていく姿勢をこれからは身につけていってください。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

アキラのメルマガに登録!

*お名前(姓)
*メールアドレス