トレンドアフィリエイトでネタ切れする原因。2017年以降のネタ探し

こんにちは。アキラです。

 

トレンドアフィリエイト実践者は記事を書く際に、必ずネタ探しをしなければいけません。

実際、ネタというものはどこにでも転がってはいるのですが、初心者の方やある程度慣れてきた人ほどネタを探す感覚を見失ってしまいがちです。

今回の記事では、ネタ切れをしないためにも僕が記事を書く際のネタ探しに使用しているサイトを幾つかご紹介しますので、是非参考にして下さいね。

 

ネタ切れしてしまう原因とは

普通であれば、ネタ切れしてしまうなんてことはありません。

初心者の場合はそもそもネタの選び方が分からないだけでしょうし、ある程度慣れてきた人はネタを好き嫌いするようになるだけです。

トレンドアフィリエイト初心者の方はこちらの記事をご覧になって下さいね。

トレンドアフィリエイト開始一ヶ月目のネタ選定で意識すること

 

さて、ここからはある程度慣れてきた人たちのネタ切れの悩みを解消していきたいと思います。

ある程度慣れてきた人は『ネタを好き嫌い』するようになります。

「この記事書きやすいな」「この記事興味ないから書きにくい」とネタを見た時に無意識の内に判断しているのです。

トレンドアフィリエイトを実践していればこのような考えを持つことは自然なことなのですが、だからといって好き嫌いを放置していてはいけません。

 

寧ろ興味のないネタこそ積極的に狙うべきなのです。

ある程度慣れてきたトレンドアフィリエイト実践者は芸能系ばかりに気を取られていて「俺は、芸能系のネタが得意なんだよね」と言っている人が多くいますが、実際に芸能系の記事を書いてアクセスが爆発したことがあるのでしょうか?

アクセスが爆発していな人の方が多いのではないでしょうか?

実際、僕もある程度慣れてきたと自称していた頃は芸能系のネタが得意だと思っていましたが、振り返ってみると芸能系のネタでアクセス爆発はしていませんでした。

なので、別の視点からネタを選んで記事を書いた所、『漫画、アニメ、事件・事故、Twitter(バカッター)』系のネタの爆発が多くを占めるようになりました。

 

事故とか事件とかTwitterとかのネタをトレンドアフィリエイトを始めた頃は書くとは微塵に思っていませんでしたが、こうして実際に未開拓地を冒険することで新たなる発見が生まれるので、是非自分が苦手とするネタや興味のないネタを積極的に狙っていきましょう。

 

ネタ切れというのは、本来起こり得ないものです。

見つけられないのは自分に知識がないだけなので、好き嫌いせずにどんどんネタを見つける視野を広げていきましょう!

 

ネタ探しおすすめサイト

ここからは僕がネタ探しで使用しているサイトを厳選してご紹介していこうと思います。

 

ついっぷる

ついっぷる

Twitter上でリアルタイムで話題となっている情報をいち早く入手することが出来ます。

Twitterはリアルタイム情報の宝庫なので、ぜひこまめにチェックしましょう。

特に『バカッター』系は非常に多く検索されますので狙い目ですよ。

※バカッターの意味

面白いからといって迷惑な行為に走るバカな自分の様子を自ら写真撮影し、それを自らツイッターに晒してインターネットに証拠写真を残してしまうバカな奴のことを指す。

引用:http://dic.nicovideo.jp

 

ceek.jp News

ceek.jp News

ネタの種類も豊富ですし、速報系にも強いサイトです。

案外知られていないサイトですが、非常に多くのネタを拾うことが出来ますのでオススメです。

ぶっちゃければ、このサイトだけでも月に10万円を稼ぐことは可能なほどのネタの豊富さです。

 

産経ニュース

産経ニュース

僕は事件・事故系のネタはここで拾っています。

不謹慎ですが、事件・事故系のネタは非常に多くのアクセスを集めることが出来ます。

ただ、訃報ネタは使用してもいいですが、直接的なNGワードは使わないようにして下さい。

 

ニュースダイジェスト(超おすすめ)

ニュースダイジェスト

速報系のネタにめっぽう強いサイトはこれですね。

トレンドアフィリエイト実践者でも知らない人は多いでしょう。

アプリ版だとリアルタイムのニュースを通知して知らせてくれる機能もありますので、ネタを探していないときでも、勝手にネタ探しをしてくれるみたいなものです。

僕も、このサイトだけで多くの爆発記事を生み出していますので、是非活用してみて下さい。

 

まとめ

今回の記事では、ネタ切れの原因や解消法についてご紹介してきました。

どうですか?

記事を読む以前よりは、ネタについての考え方が変わったでしょうか?

もしネタ探しについての考えが前向きに変わったのなら幸いですね。

今回の記事で紹介したサイトも新たな視点としてしっかりと活用していきましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

アドセンス・楽天・ASPで収益を最大化する戦略を公開!