トレンドアフィリエイト開始一ヶ月目のネタ選定で意識すること

アキラのメルマガに登録!

*お名前(姓)
*メールアドレス

こんにちは、アキラです。

 

トレンドアフィリエイトを始めようと思っても、実際に何から始めていけば分からない人が多いと思います。

初心者がいきなり初めたとしても、右往左往してなかなか結果に結びつけることは難しいです。

今回の記事では「トレンドアフィリエイトの開始1ヶ月目に特に意識すること」についてご紹介します。

 

トレンドアフィリエイト開始1ヶ月目に特に意識すること

トレンドアフィリエイト、要するにアドセンスブログを始める上で、まだ始める環境が整っていない方は、まずこちらをご覧になって準備を進めてください。

アフィリエイトの基礎準備

これらが完了し、後は記事を書くだけだという状態になった人から、この先を読みましょう。

 

「よし、記事を書こう!」

そう思っても、実際に何を書けばよいのでしょうか?

ジャンル

芸能、ドラマ、映画、漫画、政治、美容、イベント、スポーツなど

記事の種類

速報、安定、未来予想系

ジャンルが多数あったり、記事の種類もいくつかある中で、何を重点的に書いていくのが初期のブログ作成で効率が良いのでしょうか?

本来であれば、何を書いても構いません。

ですが、そんな回答をされても初心者にとっては煮え切らないってもんですよね。

なので、僕が初期の頃に実践し、ブログを育て成果に結びつけた方法をご紹介します。

 

 

未来予想安定系・未来予想爆発(小爆発)系の記事を狙う

『未来予想』なんて聞いたら、「お前は宇宙人か!(笑)」と思われちゃいそうですが、そういうことではありませんので安心して下さい。

『未来予想安定系』と『未来予想爆発(小爆発)系』

これら2つは同じようで考えることが実際には違います。

 

未来予想安定系記事

こちらは、未来に「確実」に起こることを記事にしてアクセスを集める方法です。

やり方によっては、最強の『未来予想安定爆発系記事』になるかもしれませんが、これは難しいです。

ですが、未来を予想することによって、その未来で『安定』したアクセスを集めることが出来ます。

例えば、漫画『ONE PIECE』について記事を書くとしましょう。

『確定』した未来の出来事で安定したアクセスを集められるのは「単行本の発売日」について。

もし1ヶ月後に90巻が発売されるのなら、90巻が発売されるまでに「91巻の発売日情報」の記事を事前に仕込みます。

その記事を書いても、1ヶ月間はまったくアクセスを集めることが出来ません。

ですが、1ヶ月後の90巻が発売された以降から安定したアクセスを集めることが出来ます。

事前に早く記事を仕込んでいることもあり、ライバルが皆無で上位表示がしやすいです。

 

『ONE PIECE』ほどの知名度の漫画で上位表示するのは難しいかもしれませんが、僕は『ONE PIECE』を含め、有名漫画の発売日ネタで、何度も検索エンジンで1位を獲得しました。

『ONE PIECE』で1位を取った時は、1日600PV~800PV。多い日は1000PVを超えるほどのアクセスを集めることが出来ていました。

 

上の画像は、2016年9月4日の時の「ONE PIECE 83巻 発売日」についての記事のアクセス数です

 

ちなみにこちらは、『ONE PIECE』の83巻が発売されるまでに集まったアクセス数です。

(タイトルのキーワード部分のみ抜き出しました)

10万PVも集めることが出来ています。

さすがに、いきなり『ONE PIECE』で上位表示するのは難しいかもしれませんので、違う漫画で狙ってみてください。

漫画の発売日だけでなく、1,2ヶ月後に行われるイベントを事前に仕込むの良いですね。

その場合は、昨年との差別化のために「2017 2018 2019 2020」など、年号を変えていくことで、ライバルを一気に減らすことが出来ますよ。

こういった、未来予想安定系を狙うことで、ブログを強く安定させていきます。

初期ブログから3ヶ月4ヶ月、それ以降についての未来予想ネタを書いても良いのですが、早く成果を出したい人は、直近で起こる未来予想の記事を仕込むようにしましょう。

 

未来予想爆発(小爆発)系記事

小爆発というのは、「いつもは500PVだったが、今日は750PVになった」「いつもは3000PVだったが、今日は4500PVになった」というように、アクセスが1,3倍~1.5倍に上がることをそう呼んでいます。

爆発(いつもの2倍以上のアクセス)よりは大きなアクセスを生み出す事は出来ないのですが、小爆発もブログを強くするためには何度も起こしていく必要があります。

狙って爆発を起こしたり、たまたま爆発が起きるのであればそれが良いのですが、そうはいかない時は小爆発を少しずつ起こしながらブログを強くしていきます。

こちらは『未来予想安定系記事』とは違い、一瞬でピークが過ぎてしまいますし、アクセスを集めることが出来るかも分かりません。

『未来予想安定系記事』が10~90のアクセスを集めるのだとすれば、

『未来予想爆発(小爆発)系記事』は0か100のアクセスとなります。

そして先ほども、言ったようにピークが1~3日ぐらいで一瞬で過ぎてしまいます。

 

この記事の書き方は、主に『速報系記事』を狙います。

ですが、安易な未来予想の『速報系記事』を書くわけではありません。

いろいろ未来予想とごちゃごちゃなことを言ってしまい申し訳ないのですが、このまま読み続けてくださいね。

これは爆発(小爆発)を起こすための記事なので、初期の段階だけでなく、ずっと継続して狙っていきたい手法です。

先ほど『安易な未来予想の速報系記事を書くわけではない』と言いましたが、どういう事かと言うと、

多くのアドセンスブログの実践者は速報系記事を書くとき、誰でも容易に考えることの出来る未来予想のネタを書いています。

 

例えば、

『芸能人A』と『芸能人B』が不倫していたことが発覚しました。

そこで多くの人は、そのままの記事を書くか、直近で思い浮かぶような「いつから?」「真相」などのキーワードで記事を書いてしまいがちです。

こういうことは、間違いなく未来に明かされるような情報ですが、なにせ誰にでも思いつくようなキーワードなので、時間との戦いですし、遅れてしまえば初期ブログでは到底勝ち目はありません。

そのため、アクセスも全く集まらないでしょう。

なので、別の切り口で狙っていかなくてはなりません。

例えば、

先ほどと同じネタだった場合、

・CMの契約は切れるのだろうか?

「CM降板 賠償金(違約金)」

・番組は降板させられるのだろうか?

「(番組名)降板 いつから いつまで」

など、ライバルが出来るだけ少ないところを狙ってアクセスを集めていきましょう。

 

これでも、多少はライバルがいそうなので、もっと細かくキーワードを狙っていこうと思うのなら、

・まさか妊娠しているなんてことはある?

「妊娠 可能性」

・芸能人(さんまさんやたけしさん、松本人志さんなどの)からコメントはあるだろうか?

「(芸能人名) コメント」

などを狙っていけば、初期ブログでもアクセスを見込めるようになるでしょう。

小爆発と爆発は、初心者が一朝一夕で起こせる現象ではないですし、上級者でも確実に起こせる現象でもありません。

上記で教えたような考え方を自分の中で腑に落として、実践していきましょう。

 

マイナーなネタ、新しいネタを狙う

ブログ初期の段階では、メジャーなキーワードを狙うことはとりあえず諦めましょう。

中途半端に狙っていっても大きく当てることは難しいので、マイナーなネタに絞って狙う事をオススメします。

こうして割り切ってネタを選び記事を書いた方が、初心者にとってもやりやすいはずです。

事実、僕も初期ブログの頃はマイナーネタを責めていき、徐々に徐々にブログを強くしていきました。

マイナーなネタであればライバルも比較的少なく、穴場のネタを見つけることだって難しくありません。

マイナーなネタでも、穴場を見つける事が出来れば、月1000PVを安定して稼ぐことだって可能です。

 

マイナーなネタ例

『有名ではない、有名になりそうな芸能人』

『マイナーバンド(フェスには良く登場している)』

まだ世間では知られていないけれど、知っている人は知っているというネタがあった場合は、是非記事にしましょう。

 

新しいネタ例

メジャーなネタを狙う場合は、とにかくマイナーなキーワードや新しいネタを狙うようにしましょう。

『原作のない映画、ドラマ、アニメ』

『新しい戦隊ヒーロー、新しい仮面ライダー』

『ジャンプの新連載』『新商品』

原作のない映画では、以前とても話題となった「君の名は。」が多くのトレンドアフィリエイト実践者がネタとして扱っていました。

週刊少年ジャンプは、新連載が多いためネタとしては使いやすいですね。

ですが、10週で打ち切りも多いので、見極めが大事です。

新しいネタも、ほぼ毎日のように登場しているので、是非意識してみましょう。

 

新しいキーワード、マイナーなキーワード例

『アニメや漫画を見なければ、読んでみなければ分からないこと』

『(作品名) 実写化 (キャラ名) キャスト』

新しいキーワードと、マイナーなキーワードは近しい部分があるので一緒にご紹介しています。

メジャーなキーワードで、実写映画化された場合、それが新しいキーワードとなるので、そこから一人のキャラに焦点を合わせて記事を書くと、ライバルとの差別化が出来ます。

アニメや漫画を見ないと分からないこと、

例えば、新キャラが登場した時や新展開を迎えた時、流行りそうな単語が出た時などを狙ってみると良いでしょう。

 

ドラマネタを狙う

ドラマに関するネタも初期ブログにはおすすめです。

アニメネタよりはドラマネタを狙った方が、多くのアクセスを集められる可能性があります。

アニメでも、知名度が高ければドラマ並みにアクセスを集められますが、ドラマの方が一般的な許容がある(見ている人が多い)のでアクセスを集められます。

ライバルも比較的少ないですし、うまく記事の差別化が出来ればアクセスを独占することも出来ます。

 

ですがドラマは見なければ記事を書けません。

基本的にはドラマ放送終了後に書くため最後まで見なければいけないので、必然的に記事を書く時間を奪われてしまいます。

それに、アクセスを集められそうでもそのドラマに興味が無ければ、記事を書くのが苦痛になるかもしれません。

こればかりは仕方のないことですが、テレビを見る事が『仕事』だと思えば、いくらかは気が楽になるはずですよ。

 

ドラマを見なくてもドラマ記事を書く方法は無いことはありません。

予告動画を見れば、おおよその話を把握することが出来ますし、

原作あり(漫画や小説)のドラマなら、原作のネタバレを先に見ることで記事を書くことが出来ます。

ドラマを見なくても書く方法の欠点としては、記事の内容が薄くなることです。

実際に見ていないので、物語の核心に触れることが出来なかったり、説得力がなかったり、間違ったことを述べたり、見当違いも甚だしかったりすることが多々あります。

「にわか発言」が多くなるということですね。

そうすると、ちゃんと記事を見てもらえず、滞在時間も短くなり、広告もクリックしてもらえません。

そうならないためにも、ドラマを見て、その上で記事を書くようにしましょう。

ドラマネタは春夏秋冬の4ヶ月周期で放送されるので、その度に記事を仕込んでいきましょう。

 

まとめ

基本的にネタを決める際、

・どれだけの人がその情報に関心があるのか

・どれだけの人が気にするのか

・どれだけの人が見ているのか

・次に何が起こるのか

が、大事になってきます。

これらを意識して、そのネタにどれほどの需要があるのか判断して記事を作成しましょう。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

アキラのメルマガに登録!

*お名前(姓)
*メールアドレス