toggle
2019-08-22

【名作漫画!】進撃の巨人の名言から学べることが多すぎる!

みなさん、こんにちは!アキラです。

『進撃の巨人』って今ではほとんどの人が知っていると思いますが、

僕もその『進撃の巨人』に魅了された読者の一人です。

アニメ化が発表されて1話が放送された次の日に『GEO』に行って当時10巻分全てを購入しました笑

そして今でも毎月楽しく読ませてもらってるくらい大好きな作品です。

 

実際に毎月読んでいる人や単行本もしっかり購入してる人はわかると思いますが、今の展開やばくないですか?

もう伏線回収というか、

びっくりするぐらい過去の話とのつながりがやばすぎて毎週鳥肌が立ちっぱなしです笑

 

さて今回の記事では、そんな僕の大好きな『進撃の巨人』の名言で特に好きなものを紹介していきたいと思います。

もちろん、ビジネスとしてもすごく力になる名言もありますので、ぜひ今後の人生の糧にしてくださいね〜☆

 

進撃の巨人のアキラ的最高の名言集

アルミン・アルレルト

何かを変えることのできる人間がいるとすれば
その人は きっと…大事なものを捨てることができる人だ
化け物をも凌ぐ必要に迫られたのなら 人間性をも捨て去ることができる人のことだ
何も捨てることができない人には 何も変えることはできないだろう

100人の兵を犠牲にしてまで『女型の巨人』を捉えることを決めたエルヴィンに対して、

肯定的な意見を述べたアルミンの言葉です。

普通の人であれば100人の兵の命を犠牲にするという発想が出たとしても、

決断が揺らいでしまうそうなものですが、エルヴィンは人類のためであれば、

そういった天秤をしっかりとかけられる男です。

 

そしてそういった人が、時代を切り開く。

それをアルミンは分かっていたからこそ、

肯定することが出来たんでしょうね。

僕もこれからネットビジネスでもっともっと大きく飛躍していきたいと考えているので、

いつか大事なものを捨てなければいけない選択が訪れるかもしれませんね・・・。

 

リヴァイ・アッカーマン

自分を信じるか 俺やコイツら 調査兵団組織を信じるかだ
俺にはわからない ずっとそうだ…
自分の力を信じても…信頼に足る仲間の選択を信じても……結果は誰にもわからなかった…
だから…まぁせいぜい…悔いが残らない方を自分で選べ

エルヴィンの指令で女型の巨人が現れたらリヴァイ班が引きつけるというのが本来の作戦だったのだが、

追いかけてくる女型の巨人に対してエレンが自分の巨人の力で立ち向かおうとする。

そんなエレンを見たリヴァイが放った言葉。

 

何を選んでも結局、結果は誰にもわからない。

エルヴィンが正しいのかもしれないし、

エレンが正しいのかもしれない。

どんな時も、自分が後悔しないような選択をしっかりと考えた方が良いよねってことです!

もちろん、原作はこんな軽いノリではないですけど笑

 

フレーゲル

商人に重要なのは嗅覚だ。目の前の金だけじゃねぇ。将来含めて得する方を嗅ぎ分ける。嗅ぎ分けたら腹くくって食らいつくんだ。いいな覚えとけ

僕はそうですが、もしかしたらあなたもかもですが、

ビジネスを取り組む上で目の前のお金ばかりを追ってばかりじゃ思うような成果を出すことって難しいです。

将来を見据えて、最大のビジネスチャンスを見逃さないための嗅覚を持っていろいろな視点に気を配って行く。

これがめちゃくちゃ重要なんですよね。

 

将来1億稼ぐために目の前の1000万円を見逃さないといけないのであれば、

絶対にそちらに乗った方が良いです!

そんな嗅覚を身につけていきましょ〜。

 

ミケ

人は戦うことをやめた時に初めて敗北する。戦いつづける限りはまだ負けてない

これって有名漫画『スラムダンク』の

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」と同じ意味ですね。

どんなことでもやめない限りは絶対に成功する可能性は残っています。

だけど、やめた時点でその可能性は『ゼロ』になる。

5年前の僕には響かない言葉だったんだろうな〜。。。笑

 

エルヴィン・スミス

よせ、後悔するな。
後悔の記憶は、次の決断を鈍らせる。
そして決断を他人に委ねようとするだろう。
そうなれば、あとは死ぬだけだ。
結果など誰にもわからないんだ。
ひとつの決断が、次の決断のための材料にして、初めて意味を持つ。

先ほどのリヴァイの言葉と近いですね。

あの時のリヴァイの言葉のアンサーととらえてもよいかなと。

結果は誰にもわからないから後悔しないような選択をしろ。

ただ、その選択を無駄にはせずに、

次の判断材料にすればあの時の選択も意味があるものだったと思えるでしょ!

という意味ですね。

自分の行動全てに意味を持たせて動いていくのはビジネスでもすごく大事な考え方なので、

この辺は本当に見習っていくべきところです。

 

カルラ

特別じゃなきゃいけないんですか?絶対に人から認められなければダメですか?
私はそうは思ってませんよ。
少なくともこの子は・・・偉大になんてならなくてもいい。人より優れていなくたっていい。
だって見てくださいよ。こんなにかわいい。だからこの子はもう偉いんです。
この世界に生まれてきてくれたんだから

今まではビジネスに絡めたお話でしたが、こちらは番外編って感じです。

いつか僕にも子供ができた時にきっとこう思うんでしょうね。

生まれてきてくれた、ただそれだけが偉大なことだと。

 

まとめ:進撃の巨人はやっぱり面白いよね

進撃の巨人は名言ももちろんですが、

単純に物語もすごく面白いです。

そろそろ最終回が近いなっていう印象で、過去の伏線だったり、

今まで誰も気づいていなかった過去の話とのつながりなどの回収が続き、毎回毎回鳥肌で大忙しです笑

それぐらい念密に作り込まれている物語になっているので、

まだ読んだことのない人は是非読んでみてくださいね!

 

それでは!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です