Post-Plugin Libraryの必要性とインストール後の設定について。

こんにちは、アキラです。

 

『Post-Plugin Library』は多くのサイトでオススメのプラグインとして紹介されていますが、では実際どんなプラグインなのでしょうか?

単体では何も効果の無さそうな、インストールするだけ無駄に思えるこのプラグインについてご紹介していきます。

 

Post-Plugin Libraryの必要性

『Post-Plugin Library』は単体では、WordPressのプラグインとしては何の効果も発揮しません。

一人では何も出来ないのです。

よくいますよね、一人の時は何も出来ないのに、複数人になると粋がってしまう人って。

 

ただ、『Post-Plugin Library』はそういった粋がるタイプのプラグインではなく、あくまでも他のプラグインのサポート役です。

『Post-Plugin Library』だけインストールしても何も意味は無いのですが、他のプラグインと組み合わせることによって初めて効果を発揮するプラグインです。

『Post-Plugin Library』と組み合わせることによって使用できるプラグインは、

『Recent Posts』『Random Posts』『Similar Posts』『Popular Posts』『Recent Comments』

などが挙げられます。

 

『Similar Posts(関連記事表示)』と『Popular Posts(人気記事表示)』は頻繁に使用されるオススメのプラグインなので、『Post-Plugin Library』をインストールしなければいけない人は多いはずですよ。

 

Post-Plugin Libraryのインストールと設定

以下の手順で、『Post-Plugin Library』をインストールします。

『プラグイン』→『新規追加』→『Post-Plugin Libraryを入力』→『インストール』→『有効化』

 

『有効化』が完了したら、『Post-Plugin Library』の操作も完了となります。

『Post-Plugin Library』は特別な設定は必要なく、有効化するだけで先ほど挙げたプラグインと組み合わせることが出来ます。

 

『Recent Posts』『Random Posts』『Similar Posts』『Popular Posts』『Recent Comments』

を使用する方は、間違いなく『Post-Plugin Library』もインストールしましょう。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。