【行動できない人必見!】コンサル生Yさんのアウトプットが怪物すぎる!

みなさん、こんにちは〜。

 

今日は僕が少人数で行っているコンサル企画の中の『Yさん』という方のアウトプットが凄まじかったので、

これは僕のブログを読んでくれている人の参考になると思ったので、一つ紹介します。

 

それに『Yさん』は、サーバーが落ちるくらいのアクセス爆発を起こしたことがあるほどのツワモノですので、めちゃくちゃ参考になりますよ〜。

 

アキラとの音声後のYさんのアウトプット

アキラさん、皆さんこんばんは。

先程コンサルをしましたのでアウトプットしていきます。

今日のコンサルのテーマを大きく分けると3つです。

『アキラさんの成功のターニングポイント』
『質問力で成功速度は変わる』
『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』

というテーマでまとめていきます。

 

『アキラさんの成功のターニングポイント』

まずいちばん重要なテーマ「アキラさんの成功のターニングポイント」についてまとめていきます。

先程スカイプで、アキラさんはなぜアクセスを集め続けられるのか?そしてネタ選定が上手なのか?そのポイントやどうやってそのスキルを手に入れてきたのかを質問しました。

以前にも同じような質問をしたことがあったのですが、この内容は初めて教えていただきました。

 

アキラさんがブログで収益を手に入れられるようになった分岐点(ターニングポイント)は、たくさんの失敗があったことが大きかったと言われています。

記事数にして2000から3000記事ほどを書いてきたアキラさんは、気になったことを片っ端から記事にしていきました。

もちろん、アクセスのあるものもありましたが、全く反応の無いネタも数多くあったそうです。

ただ闇雲に書いているだけでは、アキラさんのような成功はなかったと思います。

その時どういう考えでブログを書いていたのか?

 

アキラさんがたくさんの記事を書いている中で、

「なぜこの記事はアクセスが有ったのか?」
「なぜこの記事はアクセスが来なかったのか?」

以上のことを意識して記事を書き続けた結果、感覚的にアクセスがあるネタとそれ以外を見分ける目が養っていったと教えてくれました。

 

実際アキラさんの成功体験を聞いただけでは、同じような結果を手に入れることはできません。

ではどうすれば良いのか?

結局の所、「自分で記事を書いて失敗をたくさんする」その「記事を検証する」

これが一番の近道だと知りました。

あれこれ考えていた私としては、結局書けば良いんだというシンプルな答えに気持ちが楽になりました。

2000記事の失敗があればもうアクセスのある記事しか書けなくなるかもしれないですよね。

 

『質問力で成功速度は変わる』

普段、アキラさんに添削を出したり、質問をされる機会が多いと思います。

私自身、質問をするという行為はとても苦手な分野です。

でも、今回コンサルをして、質問次第で帰ってくる答えが全く違うものになるということも気づかせていただきました。

誰でもそうですけど「質問されたことに答える」というのは当たり前です。

でも、よく考えられた質問というのはかなり確信をつく答えが返ってくると思います。

 

今日のコンサルの内容でも

アキラ「2日前に発表されたニュースの記事の添削を出されたら、そのことについて答えます。」

私「もし、ニュースが発表されたときに書かれた記事なら違ったアドバイスをいただけますか?」

アキラ「そうですね、そうやって質問してくれたら2パターンの答がありますね。」

以上のように、いろいろな側面から質問をしたり、質問をする前に質問を考えるという行為はかなり重要なことだと感じています。

 

速報が出た瞬間に書いた記事の添削と速報後に数日経過した記事の添削は全く違うアドバイスになるということです。

つまり、この場合は
何よりも、質問の質を高くすることで「得られる情報のクオリティーが高い」のと「時間の短縮」になります。

もちろんわからないことが多い状況の方は、質問をすること自体が難しく感じるかもしれませんが、私も同じように、質の高い質問ができるように練習をしています。

 

『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』

アキラさんが過去に3000記事ほど書かれていたのを聞いて、驚愕していたのですが、逆に考えれば、とにかく色んなジャンルを書きまくれば、自分でもアキラさんと同じ思考を手に入れられるのではないかと感じたわけです。

ただし、アキラさんが教えてくれた「ブログを書く基本」は守るようにしていきますが、ジャンルに制限はかけないでそれこそ何でも書いてみる、その反応を検証する。

これしか無いと思います。

 

その上で今日は「3つの視点で記事を書く」ということも教えてもらいました。

3つの視点とは一つのネタに対して感じる3つの視点です。

たとえばアイドルが結婚したネタを例に説明すると

・旦那について
・結婚の馴れ初めや式場や指輪のこと
・妊娠や子供、離婚など

一つのネタについて以上のように3つもしくは4つの視点があります。

 

これはニュースを見た人が感じる視点ということになります。

自分自身が気になったこと視点をすべて書いてみるというのも一つの試しでもありますよね。

もちろんネタは芸能ネタに限定はしません、気になるネタで3つの視点を考えて見る

もしかしたら1つの視点しかない場合もありますが。

コンサルのアウトプットはここまでです。

 

まとめ

『アキラさんの成功のターニングポイント』はひたすら記事を書いて、何が良くて、何が悪いのか検証してきた。

『質問力で成功速度は変わる』とは、質問をいろいろな角度で考えてみること、自分なりに質問を考えてコンサルに望むことで返ってくる答えが大きく変わる(不安な人は練習だと思って質問をしてみましょう。)

『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』

結局はシンプルにたくさんの記事を書く事、これに付きます。

 

バッターボックスに立ったらバットを振る
宝くじを買う
旅行に行くならチケットを買う

これ全て行動だと思います。

稼ぐなら記事を書く

シンプルすぎますが、最強だと思います。

 

アキラから一言

2200文字以上のアウトプットは凄まじ過ぎますね。

Yさんのアウトプットは、他のコンサル生からも「すごい!」という声をいただいています。

コミュニティを盛り上げるために自分の思ったことを全体チャットで発信したり、

ただ発信するだけではなく、多い日ではブログを『8記事』更新することだってあるのです笑

 

こうやって圧倒的な行動力を見せる人は、間違いなく稼ぐことができるので、
Yさんの素晴らしい結果報告を載せる日は遠くないでしょう。

ではでは、やる気が無くなっていた人は何度も『Yさん』のアウトプットを読み返して、

自分自身のモチベーションの糧としてくださいね!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です