安定系記事のネタ選びにオススメのサイトまとめとネタの選び方

「これ無料で良いんですか?」とあなたは思うでしょう。良いんです。

*お名前(姓)
*メールアドレス

こんにちは、アキラです。

 

トレンドブログを実践している人で、なかなかネタを見つけることが出来ないって人は多くいます。

僕も始めた当初は何を見て何を選んで何を書けば良いのか分からずに、ネタ選定だけで2、3時間はかかっていました。

最初は爆発を狙えそうな速報記事や未来形予想系記事を考えるのですが、それさえも見つからない場合は安定系の記事を仕込んでいきましょう。

今回の記事では「ネタ選びにオススメのサイトまとめとネタの選び方/安定篇」についてご紹介していきます。

 

安定系記事の考え方

 

「安定系の記事はどこからネタを拾えば良いのか分からない」

「安定系記事を書くためのオススメのサイトが知りたい」

という方に、僕が普段安定系の記事を書くときに利用しているサイトをご紹介します。

 

ですが安定系の記事を書く際の参考サイトをオススメする前に、一つ考えを正させていただきます。

そもそも安定系の記事は、基本的にサイトを見るのではなく普段の生活の中で考えるものです。

どういう事かと言いますと、安定記事というのは大きなアクセスを集めるものでは無いということ。

安定記事で毎日アクセスを多く集めることが出来ればそれでよいのですが、なかなかそういった記事を作るのは難しいです。

ですが、少ないアクセスでも多数の安定記事を持っていることでそれが「塵も積もれば山となる」という感じで大きなアクセスを生むことが出来ます。

なので、「人々が気になること」を多く仕込んでおけば、その分アクセスを集めることが出来ます。

 

どんな些細な事でもいいので書いてみると、その記事に1日10PV以上は入って来る可能性はあります。

これが100記事あれば1000PVを越えていきますし、300記事あれば3000PV越えていきます。

クリック単価の平均は20円~30円なので、300記事あれば安定記事だけでも1ヶ月「18000円~27000円」を稼ぐことが出来るというわけです。

アフィリエイトをしている人の中で9割の人は5000円以上稼げていないと言いますし、これだけでも、アフィリエイトをやっている人の中の稼げている1割に入ることが出来ます。

記事を書き続けていけば、どんな記事がアクセスを集めることが出来るのかを判断できるようになりますし、爆発を仕込んで行くことも出来ます。

そしてアクセスの底上げが行われて、徐々に徐々にPVが増えていきます。

普段、生活をしていて気になったこと、多くの人が気になるなということがあれば是非その記事を書いてみてください。

 

さて以降からは、普段の生活以外の安定系のネタ選びについてご紹介します。

 

ネタ選びにオススメのサイトまとめ

それでは、安定系の記事を書く際にオススメするサイトをご紹介します。

僕としては「1ヶ月以上」一定のアクセスを集めることの出来る記事を安定系記事といいます。

明らかに、速報系記事(爆発)とは違いのある記事のことですね。

 

1つ目は「ブックサービス

漫画好きの僕としては、一番オススメの安定系のサイトです。

漫画の発売日情報について書き、上位表示することが出来れば多くのアクセスを集めることが出来ます。

何度か「ワンピース」の発売日情報で検索順位が1位になったことがあるのですが、その時のアクセス数は1日で600~800PVでした。

多い時は1000PV以上を記録します。

これが「ワンピース」の単行本の発売日がくるまでずっとだったので1記事だけで10万PVを悠々と越えることが出来ました。。

週刊少年ジャンプ、サンデー、マガジン、チャンピオンなどで連載する人気漫画や他雑誌の人気漫画、映画公開やアニメ化が決定した作品などの発売日情報は上位表示できれば一定期間多くのアクセスを集めることができるので、最新巻の発売日の1ヶ月前には、その次の巻の発売日情報を仕込んでおくと良いですよ。

人気漫画ほどライバルが多いので、ライバルたちより早く記事を仕込むか、ライバルよりも濃い記事(目安は文字数の多い記事)を書いておくべきですね。

 

2つ目は「Yahoo!イベントカレンダー

季節のイベントや行事を表示してくれるサイトです。

有名なイベントや行事を書いて上位表示することは難しいです。

マイナーなイベントや行事、今年から始まるようなイベントや行事などの記事は早めに仕込んでいけば、上位表示することが出来ます。

 

有名なイベントや行事を狙いたくても、始めたばかりのブログの上位表示は難しいですが、アクセスを伸ばすキーワードとして「今までになかった言葉の組み合わせ」「新しいキーワード」を意識しましょう。

イベント等は2016年とかで差別化していくといいですね。

 

基本的にマイナーなイベントならライバルは皆無なので、始めたばかりのブログでも容易に上位表示が出来るでしょう。

 


 

僕は安定系の記事を書く時は、基本的には「漫画」「イベント」「季節ネタ」「普段の生活で気になったこと」を仕込んでいるため、安定系のサイトを見ることは多くありません。

普段からいろいろな事を気にしてみれば、ネタもどんどん浮かんでくるので、

普段の生活から見るもの、聞くものなどに意識を広げていき、いろいろなところにアンテナを張っていきましょう。

あなたが作業中以外に見ているサイトでも、気になる点が見つかったのなら、それを書いてみると思いがけずアクセスを集められるかもしれませんね。

 

速報記事のネタの選び方もご紹介しているので、是非参考にしてください。

ネタ選びにオススメのサイトまとめとネタの選び方(速報篇)

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

「これ無料で良いんですか?」とあなたは思うでしょう。良いんです。

*お名前(姓)
*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です