無料ブログはアドセンス申請が出来ない?2017年から有料ブログのみ?

こんにちは、アキラです。

 

2016年の3月中旬頃からとある噂が浮上してくるようになりました。

それは、『無料ブログでアドセンス申請が出来ない』というものです。

今回の記事では、無料ブログでの審査についてご紹介していきます。

無料ブログでトレンドブログを始めようとしている人は、必ず今回の記事を最後まで読んでくださいね。

 

無料ブログではアドセンス申請出来ない?

トレンドブログを始めたらブログに広告を貼って、クリックされるだけで収益化される仕組みを作っていくことになります。

そのためにはGoogle AdSenseを必ず申請しなくてはなりません。

他にも広告を提供してくれる会社はあるのですが、Googleアドンセンスがクリック単価も高いので一番オススメされます。

けれどそのアドセンスが、2016年の3月中旬頃から審査が通らなくなったという声を多く聞くようになりました。

一時的なものではないか?と僕としても思っていたのですが、どうやらそういうことでも無さそうです。

 

なので今回の記事では、その概要をご紹介します。

以前までは、無料ブログを立ち上げて数記事を書いて審査に出せば簡単にアドセンスを取得すること出来ていたのですが、

ある日を境に、アドセンスの申請が出来なくなっていました。

申請が出来なくなった人の共通点は、言うまでもなく「無料ブログ」です。

トレンドブログを始める人はまず最初に無料ブログから初めて、慣れてから有料のワードプレスに移行するという決まったパターンだったのですが、今はそれも出来ない状況となっています。

無料ブログでは完全に申請が出来なくなったかは、まだ完璧には明らかになっていないのですが、Google側が、明らかに無料ブログに対する評価を下げているのは分かりました。

 

なので、これからは、無料ブログでは申請できなくなったと考えてもらった方が良いです。

海外では、すでに「独自ドメイン」が主流になっていることもあり、変化が見られています。

日本でもそういう考え方になったのかもしれませんね。

 

無料ブログではなく、厳密に言うと、

『サブディレクトリやサブドメインが申請に使用できなくなった』

というのが正しいと言われていますが、これは知らなくても問題なさそうですね。

 

今後はワードプレスでOK?

これからの対応としては、ワードプレス1択でOKです。

今後、Google AdSenseに申請するためには独自ドメインとワードプレスが必須になるのですが、

僕としては、本番用の独自ドメインと練習用の独自ドメインに分けたほうが良いと考えています。

安いドメインであれば100円程度で買うことができるので、Google AdSense申請用のドメインとしてサイトを立ち上げます。

 

申請用に記事を書いていくことで、ある程度ワードプレスの使い方に慣れてくるので、その後に本番用のドメインでサイトを立ち上げて記事を入れていけばスムーズにサイトを始めることができます。

といってもこれらを実行するためには、投資が必要になってきます。

サーバー代が月1000円程度(支払いは3ヶ月分、6ヶ月分、1年分と選ぶことになります)、

ドメイン代が1年に『安くて100円~、高くて3000円くらい』です。

高いドメインほどメリットは有りますが、初期投資にあまりお金を掛けたくない人は無理に「.jp」のような高いドメインを買う必要はないです。

多少の投資は必要になってしまうため、初心者からすれば、「稼げるかもわからないのに、お金を掛けたくない」と思う人も少なく無いでしょう。

けれど最初の内に投資をしてしまえば、「もう稼ぐしか無い!」と無料ブログでトレンドブログを展開している時より強く思うことができるので、結果も無料ブログより早くついてきます。

 

なので、無料ブログでGoogle AdSense申請に躓いている人は、ドメインを取得してワードプレスを立ち上げてしまいましょう!

こういった、規約や仕様の変化というのは生活している上で度々起こってきます。

その度に、変化について行けるように柔軟に対応していかなければなりません。

変化が起こってから、「変化したせいで、稼ぐことが出来ない!」なんて事になったら危険です。

稼ぎ続けることが出来る人というのは、こういった変化に柔軟に対応することが出来る人たちです。

その場の、その時にしか無い知識だけで続けていて、その先の事を見据えることが出来なければ、いづれ稼ぎは停滞しやがて消失してしまいます。

このようなことにならないためにも、変化に柔軟に対応することが出来るマインドと知識を身に着けていきましょう。

アドセンス審査に通る条件についてはこちらで詳しく解説しています。

アドセンス審査に通る条件2017年以降版。記事数とジャンルについて

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です