鬼滅の刃が人気の理由を考えてみた!あらすじ×作画×人気声優!

みなさん、こんにちは!アキラです。

今話題沸騰中の漫画『鬼滅の刃』。僕自身も毎週ジャンプを購入して読むほど好きな作品ではありますが、

まさかここまで爆発的に人気になるとは一切思ってもいませんでした。

だからこそ、なんで今こんなに『鬼滅の刃』が人気になったのかが気になって仕方がないのです。

今回の記事では『鬼滅の刃』が人気の理由について少し考えていきたいなと思いますので、最後までゆっくりとご覧になってください〜。

 

鬼滅の刃が人気の理由を考えてみた!

僕が連載当初に『鬼滅の刃』を週刊少年ジャンプで読んだ時の感想は、「絵が微妙だな〜」でした。

しかし、読み進めていくと主人公・竈門丹次郎の家族を思う強さだったり、鬼となって自我を保てつずにいるはずの妹が丹次郎を庇う『絆』の強さだったり、富岡義勇の『弱き者』に対する考え方などに心を打たれてしまいました。

また、わかりやすい物語の軸となる『鬼を倒す』『妹のねずこを鬼から戻す』という王道の目的があるからこそ、物語にのめりこめたのかなとも思います。

 

だけど、これだけならここまで大きな反響を与える作品にはならなかったのではないかなと僕は思っています。

 

『鬼滅の刃』が人気となったのは『作画レベルの高さ』

一番の大きな理由としては、『アニメ化効果』でしょう。

実際にこの記事を読んでくれている方の中でも、アニメから『鬼滅の刃』を知ったという人も多いと思いますし。

「原作は読んだことないけど、アニメを見たらすごかった!」

というツイートもちらほら見かけました。

 

もちろん、アニメ化しただけであればここまで人気になることはありません。

最近のジャンプ作品の中でも個人的には『東京グール』とか『ゴールドカムイ』などは失敗の類だったかなと思っていますし。

ちょっと改悪が目立つなと。

まあ、アニメも全話見ましたし、しっかりと全巻購入させていただいていますけど笑

 

逆に、アニメ化で『大成功』を収めた作品は、『進撃の巨人』『約束のネバーランド』『ハイキュー』『僕のヒーローアカデミア』が挙げられますね。

『成功』で言えばもっとたくさんありますが、アニメ化の影響で瞬間的に多くの人に影響を与えたのはこの4作品でしょう。

 

『進撃の巨人』はジャンプ作品ではないですが、一番アニメ化の恩恵を受けた作品だと思っています。

そして、その『進撃の巨人』とためを張れるほどのアニメ化の恩恵を受けたのが『鬼滅の刃』かなと。

 

というのも『鬼滅の刃』のアニメ制作会社『ufotable』はアニメファンからもすごく人気で、

毎回すごくクオリティを高くしてくれるアニメ会社だそうです。

他にも『京都アニメーション(聲の形、涼宮ハルヒ)』『P.A.WORKS(凪のあすから、花咲くいろは)』『シャフト(物語シリーズ、魔法少女まどか☆マギカ)』などが人気ですね。

(見たことない作品ばかりですが笑)

 

これらの人気アニメ製作会社と肩を並べるぐらいの強力なアニメ会社だったということもあり、その作画は相当力の入ったものでした。

特に僕が『鬼滅の刃』のアニメ化で好きだったシーンが、

【19話】下弦の鬼との戦闘で、折れた刃で初めての日の呼吸を使い首を切り落とすところの描写ですね。→大共感を得られると思います。

あのシーンの迫力は今年見たアニメの中ではトップクラスの作画だったなと思っています。

 

もともと原作でもこのシーンは好きな方で、映像化される前も楽しみにしていたし、同じように原作ファンもここのシーンをすごく楽しみにされていたそうです。

「今までの作画もすごかったから、このシーンはもっとやばいだろうな!」と。

そしたら、その期待を上回るレベルの作画で映像化してくれていたので、相当反響が大きくなりました。

 

『物語としての面白さ』『アニメ化』×『圧倒的作画』

これが大きな理由ですね。

しかし、まだあります。

 

キャスト陣の声優も人気の理由!

ここ最近の声優の人気は相当根強いものとなっています。

特に男性声優は年齢関係なく人気なため、なんなら誰が演じても「キャーキャー」言われるレベルなんじゃないかなと思うぐらいです。

僕はそんなに声優に詳しくはありませんが、男性声優の人気声優ぐらいは名前を上げることができます。

『花江夏樹さん(金木研、鳥束零太、竈門丹次郎)』

『松岡禎丞さん(キリト、ペテルギウス・ロマネコンティ、嘴平伊之助)』

『下野紘さん(鏑木一差、コニー・スプリンガー、我妻善逸)』

 

で、この3人が今回の『鬼滅の刃』の主要キャストになります。

見る人が見たら、卒倒するレベルの人気声優揃いですね。

また、そのほかにも『櫻井孝宏さん(富岡義勇)』『花澤香菜さん(胡蝶カナエ)』なども人気ですね。

→まだまだ人気声優がいるみたいですが、それ以外はちょっと僕もよく分かりません笑

 

彼らの超絶人気もこの『鬼滅の刃』のヒットに一役買ってると言えるでしょう。

『鬼滅の刃』でも最強キャラである『柱』の声優陣もかなり豪華になっているので、今後の展開も注目していきたいですね。

 

つまりは、『物語としての面白さ』×『アニメ化』×『圧倒的作画』×『人気キャスト陣』

この4つの掛け算によって、この人気を獲得したと言えるでしょう。

 

映画化も控えている超人気作『鬼滅の刃』を今後も応援します。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

『鬼滅の刃』のアニメ終了後の人気は本当に凄まじいもので、

僕は結構地方なところに住んでいるのですが、どの書店を回っても売り切れ状態が続出していました。

で、これが各地で起こっている現象だそうです。→社会現象になったといっても良いかなと。

 

また、『鬼滅の刃』でも人気シリーズ『無限列車編』が映画化されます。

興行収入は間違いなく『ヒット作』と呼ばれるほどに登ると思いますので、

今後の『鬼滅の刃』の活躍に期待していきたいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

アドセンス・楽天・ASPで収益を最大化する戦略を公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です