復縁体験談ブログ1日目と2日目!フラれて最初にやるべきこと。

「これ無料で良いんですか?」とあなたは思うでしょう。良いんです。

*お名前(姓)
*メールアドレス

皆さんこんにちは、アキラです!

 

僕は副業としてブログで稼いでいるのですが、仕事大好き仕事人間というわけでもありません笑

恋愛だってしていますし、それにフラれたりもします。

いや、フラれちゃうのかよ!笑

ええ、フラれちゃいました。

この記事を書いているのはフラれてから2ヶ月後くらいなので、少しおかしなテンションになっているのは気にしないでください。

 

「復縁体験談」とありますが、実際に復縁に成功したわけではありません。

ですが、今現在も復縁に向けて日々努力をしているため、その「復縁活動期間」を記録していき、復縁したい人の参考になればいいかなと思っています。

実際に、付き合ってた頃から今に至るまで彼女との日々を手帳にその時の感情だったり行動だったりを日記感覚で書いていたので、それを参考にこれからの記事を書き進めていこうと思っています。

これから投稿していく記事は「これをすれば絶対に復縁ができる!」とか「教材販売」とかではなく、あくまでも僕個人の体験談や復縁活動においての気づきなどを綴るだけですので、共感できるところは共感していただき、参考になったというところは参考にして頂ければと思います。

 

「復縁活動期間」での最終的な目的は「自分が幸せになる」ことですので、これだけは忘れないでくださいね!

 

さて今回の記事では、「復縁体験談」の前日章、1日目、2日目をご紹介していきます。

実際に復縁が成功したわけではなく、その「復縁活動期間」で何をしたのか、どんなことを考えてきたのかについて、元カノが何を考えていたのかをお話ししているので、復縁が絶対に成功する方法とかを期待している方は、そっと記事を閉じて頂ければと思います。

もちろん、本気で復縁は望んでいますよ!

 

当ブログでは、復縁もしくは恋愛における小手先のテクニックなどを紹介することもあるのですが、

結局のところそういうテクニックを駆使したところで、成功しないときは成功しません。

勘違いして欲しくないのですが、最も大事なことは「相手の気持ちを知る」ことです。

その上で、テクニックやノウハウなどを成功に近づけるために使用するのです。

相手の気持ちを知ろうとしなければ結局「自己中心的な」行動となってしまいますので、気をつけてくださいね。

 

冒頭が長くなりましたが、それではこれより僕の体験談を数十記事でお話ししますので、長くなりますが、最後までご覧頂ければと思います。

 

復縁活動期間前日章。

まず簡単に、僕と彼女の関係性をご紹介していきます。

僕らは中学校の同級生で、1年生と3年生の頃はクラスが同じでした。

ついでに言えば、高校も同じです。

 

さらに、僕は中学1年生の頃〜2年生の中盤までは、彼女に対して一方的に想いを寄せていました。

放課後、部活に行く道が同じだったので、行く時間をこっそり合わせてどうにかして話しかけてもらおうと懸命に頑張っていたのを思い出します笑

高校も同じと言いましたが、そもそも科が違うでのクラスが一回も同じにはなることがないため、おそらく一度も会話をしていなかったと思います。

 

そんな僕らは社会人となり、成人式も終わった後、20歳の頃の8月に友達の企画した飲み会で再び出会いました。

そう。全てはここから始まったんですね。

ただ当時、僕も彼女も別々に恋人がいる状態(互いに遠距離恋愛をしていた)だったため、飲み会中は、そこまで意識をすることもなく話していました。

それでも一度好きになった女の子だったので、ふとした瞬間にやっぱり特別な目で見てしまっていました。

 

この段階ではまだ「可愛い女の子、楽しい女の子」ぐらいの感情でしたが、その飲み会が終わって数日が経つにつれて、どんどん彼女のことを意識するようになりました。

そして1ヶ月後、意を決して彼女を友達を含めた3人で飲み会をしようと誘ったら見事OKをもらうことができました。

その日も楽しく飲み、この時は「気になる女の子」ぐらいの感情になっています。

「恋人がいるのに他の人を好きになってもいいのだろうか?」という葛藤ももちろんありました。

自己嫌悪に陥ることも当然あり、もう会わないほうがいいかもと思うことも。

 

だけど、2回目の飲み会の時に、次の飲み会の約束をしてしまっていたので、そこで答えを出そう。

そう思って3回目の飲み会に参加しました。

そして、答えが出ました。

 

「僕は彼女のことが好きだ」と。

 

なので、けじめとして当時交際していた恋人と僕は別れることを決意しました。

恋人と別れた後、彼女と遊ぶ機会が増え、そして彼女も彼氏と別れるという答えを出し、僕らは最終的に交際することになりました。

 

ここまでが僕と彼女が交際するまでの流れです。

そして実際の交際期間は約2ヶ月間。

本当に楽しい日々だったのですが、僕らは別れることになりました。

 

理由としては

元彼のことを思い出してしまったから

ということでした。

付き合ってから別れるまでの具体的な経緯は、後ほど語ることがあると思うので、お楽しみに。

 

さてさて、ここまでは復縁活動期間の前日章ということで、ここからが本編となります。

僕の復縁活動期間が、一人でも多くの方々の力になったり、元気を与えることができたら非常に嬉しいですね!

 

復縁活動期間1日目

実際問題として、「復縁活動期間」はいつからを1日目とするのでしょう。

フラれた次の日だったり、1週間後だったり、1ヶ月後だったり、個人差があると思いますが、僕の場合はフラれた次の日から復縁に向けてスタートしていました。

 

まず、僕が彼女にフラれたのは忘れもしない2017年12月19日です。

この日はもう絶望に打ちひしがれていました。

仕事中LINEで「別れよう」という言葉を見た瞬間、頭が真っ白になり、もう仕事が手につかない状態でした。

フラれる前からフラれるかもしれないという予感はしていたのですが、それでもいざフラれてみると、本当に言葉にできないくらいの様々な感情が押し寄せてきましたね。

その日は、溢れ出す感情を抑えて別れることを受け入れて次の日に直接話をすることになりました。

 

ここからが「復縁活動期間」の1日目になりますね。

待ち合わせは僕の家に決定し、仕事終わりに彼女は僕の家に足を運んでくれました。

LINEでのやり取りも互いに明るく振舞っていたので、いざ実際にあってもそこまで暗い雰囲気にはなりませんでした。

家に入るなり、すぐに僕の部屋に移動しました。

付き合っていた頃、彼女はほぼ毎日僕の家に泊まりに来てくれて、夜は毎日一緒にテレビを見たり映画を見たりしていました。

なので部屋にあげたのも別に襲ってやろうとかそういうのではなく、付き合っていた頃のように一緒にテレビを見たいなと思っての行動です。

それにできるなら彼氏彼女としての最後は「笑って終わりたい」そう思っていたので。

だからこそ、今までのように一緒にバラエティ番組を見て笑いたいなと。

彼女は拍子抜けしたような顔をしていたのですが、それでも何も言わずに受け入れてくれました。

 

一つの番組を見終わり、ここでようやく別れ話の続きをしました。

と言っても、僕は彼女が真剣に悩んだ上での選択なら受け入れるスタンスだったので、もう別れることについては納得していました。

でも心の中では、全然納得はできていないし、本当は別れたくありません。

本当に大好きな彼女でしたから。

ここまで人を好きになったことはないぐらい、本当に好きでした。

 

それでも受け入れて感謝の気持ちを「今までありがとね」と、一言それだけ伝えました。

結局その日は夜も遅かったので、彼女はいつも通り家に泊まっていきました。

これからは友達という関係に戻りますが、もう2度と会うこともないんだろうなと思い、

彼女が寝ている隣で、僕は1時間くらいかな、静かに泣いていました。

 

ここまでが1日目の物語です。

 

さてここで考えてもらいたいのが、彼女の気持ちです。

自分目線で話を進行してきましたが、一番重要なのは彼女自身の気持ちです。

一体、僕の行動に対して彼女はどのように思ったのでしょうか?

 

まず、直接話をすることに関して。

これは納得してくれたと思います。

彼女自身、元彼と別れる際にも直接話をしていたので、何の疑問も抱いてはいないでしょう。

 

次に、僕の家で別れ話の続きをするということ。

これに関しても、ある程度の納得はあったんだと思います。

僕の家に毎日来ていたこともありますし、僕の人間性もだいぶ分かっているはずなので、一定の信頼はあったかと思います。

だから部屋に上がることもすぐに了承してくれたんじゃないかなと。

 

このように、自分だけでなく、彼女もしくは彼氏の気持ちもきちんと理解することが復縁には欠かせないことですよ。

 

復縁活動期間2日目

そして朝(2日目)、僕はフラれたその日に書いていた「感謝の手紙」を渡しました。

夜に感謝の気持ちを一言しか言わなかったのも、この手紙があったからです。

言葉にするとうまく伝えられないかなと思って、恥ずかしながら手紙を使いました。

 

ここまでが2日目の物語です。

2日目は朝起きて手紙を渡しただけで、それ以外の展開はというと、夜に「手紙を読んだよ」というLINEが来ただけですね。

もしかしたら、この手紙が今後の展開を大きく左右したのかな?と思うところもありますが、その辺の話も追々ご紹介しますね。

 

フラれてから最初にやるべきこと

さて今回僕はフラれてしまったわけですが、最初に行った行動としては最善だったのかなと思います。

ほとんどの方は、フラれた後焦ってしまい、彼女もしくは彼氏のことを考えないような発言をしてしまって、ますます復縁から遠のいてしまうというのが多いです。

フラれた場合、まずはしっかりと「感謝の気持ち」を伝えるというのがベストな対応だと僕は考えています。

その方が互いに余裕が生まれ、フラれた後の印象がマイナスになりづらくなります。

 

なので、フラれた後はまず「冷静になる」こと。

人間、冷静な判断を下せなくなると、絶対に後悔するような選択をしてしまうので。

ただ、この記事を読んでくれている方は、すでに振られてしまっている方の方が多いかと思います。

なので、もし彼女彼氏を傷つけるような言葉を吐いてしまったのなら、まずは謝罪をしてください。

誠心誠意謝ってください。

そのあとに、「感謝の気持ち」を伝えるとマイナス印象も少しはマシになると思いますよ。

ただし、一度マイナスになった印象はいきなりプラスになることはないので、この辺はこれからプラスに持っていけるように「復縁活動」を頑張っていきましょう!

 

そして少し時間がかかるかもしれませんが、「自分を許すこと」もしてください。

彼女もしくは彼氏に振られてしまって、自己嫌悪に陥る人は多くいるのですが、それは復縁することにおいて決して良いことではありません。

この辺のことも、後々詳しく説明する機会があると思いますので、お楽しみに!

 

PS.「復縁体験談」を投稿するたびに、僕が好きな名言を一つずつ紹介するようにしたいと思います。

 

今回の名言

記念すべき最初の名言は「君の膵臓を食べたい」からです。

「私たちは皆、自分で選んでここに来たの。偶然じゃない。運命なんかでもない。君が今まで選んできた選択と、私が今までしてきた選択が私たちを会わせたの。私たちは自分の意思で出会ったんだよ」

 

僕と彼女、二人が選択して生きてきたからこそ、僕らは出会うことができた。

あの時あの選択をしていなかったら、こうして結ばれることもなかったんだなと、今思えば納得しています。

そう思うと、これからまた二人が選択を繰り返していけば復縁することだって可能ですよね?

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

質問があればなんでもお答えしますし、相談事があれば的確なアドバイスとまではいきませんが、話を聞いたりすることはできますので、僕のメルマガに登録していただき、気軽にメールしてくださいね!

僕のメルマガは「ブログで自由な生活を手に入れる」ことを題材としていますが、全然恋愛の話もしますし、むしろ恋愛相談は大好きなので、気軽にどうぞ!

 

続きはこちらから!!

復縁体験談ブログ3日目〜5日目!ラインを送るタイミングを間違えた

復縁体験談ブログ6日目。モテるの意味は?久しぶりの再会の話題も!

復縁体験談ブログ7日目。元カノ元彼から追われる立場になる方法。

 

復縁の可能性をあげる関連記事はこちら!

失恋後の復縁に向けた自分磨きの方法!男女ともに変わったと言われる! 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

「これ無料で良いんですか?」とあなたは思うでしょう。良いんです。

*お名前(姓)
*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です