アクセスを集めるならタイトルに必要のないキーワードを入れない。

アキラのメルマガに登録!

*お名前(姓)
*メールアドレス

こんにちは、アキラです。

 

初心者が最初に直面する難関は「タイトル」と「キーワード」です。

実践者でさえ、100%大量にアクセスを集められるタイトル選定とキーワード選定を出来るわけでもありません。

ある程度慣れてくると、「これならアクセスが集まる!」と、思えるようなタイトルやキーワードが増えてくるようになります。

ですが、そのためには必要のない「キーワード」を理解する必要があります。

今回の記事では、記事投稿で無駄をしないように、「タイトルに意味のないキーワードを入れない」についてご紹介します。

 

タイトルに必要のないキーワードを入れない

いきなり「意味のないキーワード」と言われても、始めたばかりの人には、何が良くて何が悪いのかがまだ判断できないと思います。

例えばですが、

「武田玲奈の人気が止まらない!監獄学園で更にブレイク!」

で考えてみましょう。

どれが必要で、どれが必要では無いでしょうか?

 

まずは自分で考えてみましょう。

ここですぐに答えを見ずに1分でも考えることが出来る人は、成功しやすい人ですよ。

ちなみにこれは僕が、トレンドブログを始めた当初に考えたタイトルです。

(ただ、今は削除しているため検索してもヒットしません)

 

今見ると恥ずかしいタイトルですね(笑)

それでは、答え合わせです。

必要なキーワード=「武田玲奈 監獄学園」

必要ないキーワード=「人気 止まらない 更にブレイク」

あまりにも酷いキーワードです。

本来タイトルにはキーワードを5~6個は入れたいところですが、このタイトルには2つしかありません。

では何故、このように分けられたのかを説明します。

 

必要なキーワード=「武田玲奈 監獄学園」

この記事を書いていた頃、武田玲奈さんは「監獄学園」というドラマに出演していました。

それ以来、多くのドラマに出ていたこともあり、このような記事を書いていたのでしょう。(恐らく)

「武田玲奈」というキーワードも「監獄学園」というキーワードも、メインキーワードと僕は呼んでいます。

メインキーワードというのは、

「芸能人名」「イベント名」「ドラマ名」「漫画名」

など、基本的には固有名詞のことをそう呼んでいます(例外もあり)

つまり、この記事はメインキーワードのみで上位表示を狙おうとしていたことになります。

まず勝ち目はないでしょうね。

メインキーワードのみで上位表示すればアクセスを独占できますが、まず無理なのでやめておきましょう。

 

必要ないキーワード=「人気 止まらない 更にブレイク」

これらは、どれも検索されることのないキーワードです。

「武田玲奈 人気」「監獄学園 人気」

は、辛うじて月に10PVくらいは集められそうですが、

「武田玲奈 止まらない」「武田玲奈 更にブレイク」

「監獄学園 止まらない」「監獄学園 更にブレイク」

は、滅多に検索されることはありません。

もしあなたが武田玲奈さんのファンで、武田玲奈さんが監獄学園に出演するという情報を入手したらGoogleやYahoo!で、このようなキーワードの組み合わせで検索するでしょうか?

まずしないでしょう。

 

なのでこの記事は、文句なしのダメ記事です。

こういった検索されなさそうな「キーワード」なのに、無駄に長い「キーワード」は論外です。

 


 

さて次は、良い「タイトル」をご紹介します。

「ハンターハンターの34巻の発売日はいつ?ネタバレや感想もご紹介!」

ハンターハンターは33巻が発売されるまでに4年もかかりました。

そして34巻も作者の休載が多いため、発売が遅くなることが予想し、安定的にアクセスが集められるのでは?と思い、記事を作成しました。

(現在はアクセスが無いので削除しています)

 

必要なキーワード=「ハンターハンター 34巻 発売日 いつ ネタバレ 感想」

このタイトルは、ほぼ全てが必要な「キーワード」で構成されています。

どの「キーワード」も、単独キーワードである「ハンターハンター」と検索するときに一緒に検索されそうな「キーワード」です。

「ハンターハンター 34巻」

「ハンターハンター 34巻 発売日」

「ハンターハンター 34巻 いつ」

「ハンターハンター 34巻 ネタバレ」

「ハンターハンター 34巻 感想」

と様々な組み合わせで検索されます。

 

必要のないキーワード=無し

「紹介」は必要のない「キーワード」なのでは?と感じる方はいると思いますが、

これはどちらかと言えば、必要です。

何故かと言うと、文として成り立つようになるからです。

「紹介」が無くても、文としては成り立つのですが、

「紹介」があった方が、より文として成り立つのでGoogleの評価も多少高くなります。

文として成り立つ「キーワード」なら入れてもいいと言いましたが、出来れば検索される「キーワード」を入れて欲しいですね。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

アキラのメルマガに登録!

*お名前(姓)
*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です