アドセンスブログの初心者は質より量!稼げたら量より質!

こんにちは、アキラです。

 

アドセンスブログを実践するにせよ、淡々と作業をして行くのですが、

必死に無我夢中で作業していたとしても、何も考えず記事を量産しているだけでは、思うような成果を得ることは出来ません。

今回の記事では、「アドセンスブログは量より質なのか?質より量なのか?」をご紹介します。

 

アドセンスブログ記事は量より質?質より量?

結論から言ってしまえば、「両方大事」という答えにたどり着くのですが、

では、どうしてそのような答えになるのでしょう?

何となく分かっている人は多いと思いますが、考えを改めておさらいしましょう。

 

量より質?

結局、ブログを長生きさせていくためには『質』が大事になってきます。

『質』という概念は、ざっくりとしすぎていて意外と分かりづらいものなのですが、

この記事は濃い記事だ」と思われるような記事が『質』の高い記事だと考えています。

濃い記事=その記事だけで完結する記事。他のサイトの記事を見る必要がない記事。

 

記事の『質』を高めていくために、参考として「文字数」と「滞在時間」を意識してみてください。

滞在期間は記事を投稿してからでないと分かりませんが、文字数なら投稿前から確認することが出来ます。

ただ、文字数を無闇に増やしたからといって、濃い記事になるわけではありません。

テキトーにダラダラと文字を増やすために何の情報も無い言葉を連ねてしまうと、返って検索者がすぐに離脱してしまい、Googleからの評価が下がってしまいます。

 

先ほども記述したとおり『質』を高めることによって、ブログを長生きさせることが出来ますので、

長期的に稼いでいきたいと考えている方は、『量』より『質』を意識してみてください。

 

質より量?

『質』を高めることによって、長期的に稼ぐことが出来ると話しました。

反対に、『量』を意識すると短期的(瞬間的)に稼げるようになります。

初心者がアドセンスブログを実践するのであれば『質』より『量』を意識してもらったほうがいいです。

「数打てば当たる」。

アドセンスブログで一気にアクセスが増える「爆発」を起こすためには、とにかく『質』より『量』を意識しましょう。

そうすれば、ブログも一気に強くなり、量産していた記事が上位で表示されるようになり、アクセスが急激に変わってきます。

正しい方向性

『量』より『質』。『質』より『量』とお話しましたが、

それらを実践するには正しい方向性を知っていなければ意味がありません。

正しい方向性で、膨大な量をこなす。

 

言葉にするのは簡単ですが、いざ実行に移そうと思ってもなかなか出来ることでもありませんし、

そもそもあなたが正しい方向性を知っていると思っていても、実はその方向性が間違っていた場合はとてももったいないことです。

その場合、いくら膨大な量をこなしても成長することは出来ません。

逆に正しい方向性を知っていても、膨大な量を取り組むことが出来なければ、それも成長することは難しくなってきます。

なので、正しい方向性で作業することができていれば、当然、成果も出てきますし成長していきます。

正しい方向性を示してもらうためには、サポートなり、相談しやすいアフィリエイターさんなどに、記事の添削、タイトルの添削を依頼してもらうことが一番の近道ですね。

 

両方大事

そして、先ほど言った結論に至ります。

両方大事。

と言っても、個人の段階、レベルによって変わってきます。

初心者がブログを軌道に乗せるためには「質より量」をとにかく意識します。

文字数は1000文字~1500文字程度でいいので、どんどん正しい方向性で記事を量産していきます。

 

慣れてきたら狙って安定的なアクセスを集めるための「量より質」を意識します。

これは「質より量」の時からも一応、意識していた方がいいですね。

初心者にはつらくて苦しいですが、ブログを成長させるためにはどちらにも目を向けなければなりません。

ある程度の成果が出てアクセスが安定してきたら、「量より質」を意識して長期的な収入を目指していきましょう。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。